【呪術廻戦】芥見下々の病名は?急病によりジャンプの連載を休止する事態に

呪術廻戦

大人気漫画「呪術廻戦」の作者、芥見芥見 下々(あくたみ げげ)さんが、急病のため週刊少年ジャンプの掲載をお休みすることが発表されました。

芥見下々さんは、何の病気なのでしょうか?

今回は、芥見下々さんの病名と、症状について、調べてみました。

呪術廻戦の休載が発表

2021年2月5日、週刊少年ジャンプ編集部より、2021年2月8日発売の週刊少年ジャンプ10号の呪術廻戦が休載となることが発表されました。

【お知らせ】
週刊少年ジャンプ10号(2月8日売)に掲載予定でした『呪術廻戦』ですが、作者急病による体調不良のため、休載させていただきます。
なお、現在は体調を回復され、次号の11号(2月15日売)から連載再開いたします。
皆様のご理解をお願いいたします。

呪術廻戦が休載する理由は、「作者急病による体調不良」とのことです。

ネットでは、呪術廻戦の作者「芥見下々」さんが急病と知って、心配の声があがっています。

普通の風邪ならともかく、「急病」となると心配ですよね。

芥見下々の現在の症状は?

週刊少年ジャンプ編集部によると、

芥見下々さんの体調は、現在回復しているとのことです。

芥見下々さん本人からのコメントも公開されました。

芥見げげのコメント

【芥見先生のコメント】

普通に調子を崩しました。

ご時世的に心配をおかけしたと思います。

今は回復してます。

このような事態を防ぐために去年末に番外編を挟んだのですが、しっかり原稿を落としてしまいました。

いつもギリギリまで待ってくれている関係各位の皆様や、毎週楽しみしてくれている読者の皆様には本当に申し訳なく思っています。

ごめんなさい!来週はちゃんと載ります!

 

芥見下々

芥見下々さんによると

  • 体調を崩した
  • 今は回復している
  • 来週は掲載予定

とのことです。

今は元気そうで何よりですね。

芥見下々の病名は何?

芥見下々さんの病名は何なのでしょうか?

調べてみましたが、芥見下々さんの病名は公表されていませんでした

また、芥見下々さんに持病があることも確認できませんでした。

ただ、漫画家、特に週刊誌の漫画の連載をしている方は、相当忙しい日々を送っているようです。

「週刊誌 漫画家」と検索すると・・・

週刊連載をしている漫画家が大変というサジェスト

  • きつい
  • 過酷
  • 化け物
  • 地獄
  • 頭おかしい

と、言葉だけでも、凄まじい大変さがわかりますね。

実際にどんなスケジュールなのか、NURUTOの作者・岸本斉史さんのスケジュールを参考に見てみると・・・

岸本斉史のスケジュール

3時間睡眠をとって、あとは一日中仕事しています!

これは、岸本斉史さんが「佳境の時のスケジュール」としていますが、週刊誌の連載を続けることはとても過酷なことがわかりますね。

しかも座りっぱなしで作業となると、肩こりや腰に悪そうです。

まして、呪術廻戦は「ネクスト鬼滅の刃」と取り上げられるほど、人気の作品です。

芥見下々さんは、相当忙しい日々を送っていたのではないでしょうか?

芥見下々を心配する声

ネットには、芥見下々さんを心配する声があふれています。

というのも、同じ週刊少年ジャンプで「ワールドトリガー」の作者、葦原大介さんも体調不良から始まり、その後「頚椎症性神経根症」という重病を患ってしまったからです。

頚椎症性神経根症とは?

頚椎症では首の痛み、肩こり、上肢の痛み、しびれ、感覚鈍麻、手指の動きのぎこちなさ、歩きにくさ(歩行障害)などを訴えることが多い。

そのためネットでは、芥見下々さんも葦原大介さんのように重病を患ってしまうのではないかと心配する声が多くありました。

今回はただの体調不良とのことでしたが、これが積もり積もると大きな病気になりかねません。

芥見下々さん、無理をしないでほしいですね。