【子供の習い事】バレエのメリット・デメリット

バレエのメリット・デメリット

ふくた

バレエって、習うとどういうことが身につくの?
バレエやってる人って、背筋まっすぐで、キレイなお姉さんってイメージ

かすみ

私はバレエを習ったことがなかったのですが、きれいなお人形さんのようなバレリーナに憧れていました。

実際に娘も「バレエが習いたい」と言ってきたので、4歳からバレエ教室に通いました。

ここでは、実際に娘がバレエを習って分かった、バレエ教室のメリット・デメリットをご紹介します!

こんな人におススメ
  • バレエを習うメリット・デメリットが知りたい
  • バレエを習っていて、大変だったことは?
  • バレエを習わせた理由は?

 

バレエを習う3つのメリット

実際に、バレエを習って良かったことを見ていきましょう!

可愛い衣装が着られる

娘がバレエを習いたいと言ったのは、幼稚園の年中のころ。

ちょうど、プリンセスが大好きな時期です。

バレエのフリフリした可愛い衣装が着たいがため、バレエを習い始めるお子さんも多いのではないでしょうか?

可愛い衣装が着たいので、毎週バレエのレッスンを楽しみにしていました

かすみ

体が柔らかくなる

バレエには柔軟性が必要です。

毎回のレッスン時に、体のストレッチをやりますので、体が柔らかくなります。

実際に、体が硬かった子が、1年くらいで体が柔らかくなってました

かすみ

体の柔らかさは、大人になってからよりも小さいころの方が身につきやすいので、子供の頃に柔らかくしておくとラクです。

メモ

180度の開脚などは、家で毎日訓練しないと難しいです。

また、自己流でムリヤリストレッチをすると、足の筋を痛めてしまうので気をつけましょう。

 

自分を客観視する力がつく

バレエの練習は、指先・足先まで、注意を払います。

背筋をまっすぐに、優雅な立ち振る舞いを常に求められるので、指先まで意識をするようになります。

また、レッスン場にある鏡で、自分の姿をチェックするようになります。

うまい子と自分の違うところを客観的に見て、うまい子のマネをして上達することを覚えます。

自分を客観的にみられることは大切ですね

かすみ

 

バレエを習う3つのデメリット

次に、バレエの3つのデメリットを見ていきましょう!

親の負担が大きい

バレエの月々の月謝は、6千円~と他の習い事と比べても平均的な額です。

問題なのは「発表会」です。

発表会は、教室によって差がありますが、1回10万円~かかります。

年に2回のところ、兄弟で習わせていたら・・・

また、その発表会は、親が徹底的に裏方としてフォローします。

他のママとの関わりが必要なので、気をつかいます。

小学生からは、週2回のところが多い

がるまでは、週1回のレッスンだったのが、小学校にあがると週2回以上通わないといけない教室が多いです。

娘の通っていた教室は、週3~5日の人がゴロゴロいました

かすみ

そのため、ほかに習い事をやっている人は、調整が必要になります。

本人にやる気が見られず週1回のままでいると、週2,3回の子たちとみるみる差がついていきます。

バレエは小学校にあがったら、続けていくか、やめるかを早めに見極めた方がいいでしょう。

体格で分けられることがある

バスケットやバレーの競技と同じく、バレエに適した体格というものがあります。

バレエが上手な子が上のクラスにいく場合もありますが、体格で分けられることもあります。

うちの子は、平均より背が高かったので、上のクラスにいくのが早かったです

かすみ

特に小さい頃は、数か月の違いで体格が異なります。

つま先立ちして踊るので、体を支えられるだけの筋肉があるかどうかも見られます。

ある程度までは技術で上のクラスに行けますが、それ以上は生まれつきの体格や骨格が重視されます。

 

バレエを習わせた一番の理由

バレエ教室のメリット・デメリットを見てきましたが、それらをひっくるめて、バレエを娘に習わせた一番の理由があります。

それは、「バレエは全ての動きの基礎になっている」ことです。

今は、バレエのほかにも

  • チアリーディング
  • 新体操

といった習い事も盛んです。

どれも、女の子の習い事として人気が出てきていますね

かすみ

チアや新体操の動きの基本は「バレエ」からきています。

つまり、

「バレエをやっておけば、チアや新体操に通じている」ということです。

この先、お子さんが「チアやりたい」「新体操やりたい」と言った時、バレエをやっていれば基本ができているので、すんなりシフトできます。

 

まとめ:バレエは華やかだけど、親の負担もそれなりにある。続けていくなら覚悟をもって

今回のポイント

バレエを習う3つのメリット
・可愛い衣装が着られる
・体が柔らかくなる
・自分を客観視する力がつく
バレエを習う3つのデメリット
・親の負担が大きい
・小学生からは、週2回のところが多い
・体格で分けられることがある
バレエを習わせた一番の理由

・チアや新体操の動きの基礎になっている

 

幼稚園の送り迎えで会う背筋がピンとしているママは、子供の頃にバレエを習っている人が多いです。

続けられれば、間違いなく人生の財産になります。

また、チア・新体操といった他の可能性へも通じていますので、バレエの教室をのぞいていてくださいね。

では!

 

☆こちらの記事もオススメ ☆
子供の頭が良くなる習い事!東大生は? 子供の頭が良くなるオススメの習い事は?東大生のデータから分析! 習い事多すぎ?3つのデメリット 子供の習い事が多すぎる?3つのデメリットと解決方法 習い事をやめる時、お礼は必要? 子供が習い事をやめる時、いつどうって言う?お礼はいる?