【バレエ】発表会の負担はお金だけじゃない?親が失敗しない方法

バレエの発表会 お金以外の負担は?

ふくた

バレエの発表会、お金がすごいかかるって聞いたけど・・・

ちょっと待った!

大変なのはお金の負担だけじゃないんだよ!

かすみ

 

バレエの発表会って、本当に独特です。

  • バレエを習たことがない
  • バレエの世界を知らない
  • バレエの発表会で困りたくない

思い当たる人だったら、発表会で困ってしまうことも?!

私がそうでした!

かすみ

 

今回は、バレエ未経験者の私が、「子供のバレエ発表会で大変だったこと」、「発表会で親が失敗しない方法」をご紹介します!

こんな方におススメ
  • バレエの発表会で、大変なことって?
  • バレエの発表会で、親って何かするの?

【バレエ発表会】親の負担がハンパない!

発表会の主役は「子供」です。

その主役の成功を支えるのが「裏方」です。

バレエの発表会では、その「裏方」の役割を、親がやることになります。

裁縫ができないとキツイ

これはもう、身をもって本当にそう思いました!

ちなみに私の裁縫レベルは、子供のゼッケンをつけられないレベルです。

ゼッケンは、アイロンで貼りつける派!

かすみ

ふくた

それってどうなの

 

なぜ、裁縫のスキルが必要かというと、衣装の微調整を親がするからです!

こんな感じです

衣装を上半身にピッタリ固定するために、衣装を子供に合わせて一つ一つ手縫いで手直しする必要があります。

衣装の後ろにホックがあって、それを程よい位置に調整します。

イメージは、コルセットをつけるように、とにかくキツキツにします

かすみ

衣装がピッタリくっついてないと、先輩ママからチェックをうけることも・・・

ちなみに、本番で使うシューズは、リボンをぐるぐると足首にまいて、縫います!

縫うものが多すぎる・・・

かすみ

親にきっちりとした係が振り分けられる

ふくた

本番当日、ゆっくりと客席で見よう!楽しみ!!
え?何言ってるの?

そんなのムリだから

かすみ

バレエの発表会は、親が裏方に徹します。

当日は、フロント・受付係、会場係、楽屋、スケジューリング、衣装・・・

朝から大忙しです!

優しい先輩ママがいると、本番中はこっそり客席から見させてもらえますが、係によってはそれもできません。

裏方の係+子供の準備・面倒で、一日フル回転です。

かすみ

先輩ママとの間に上下関係がある

バレエは上にいけばいくほど、本気でやっている子が多いです。

逆に、小さい子たちは、「バレエってどんなもんなの~?」って入ってきている子の集まり。

ママたちも「子供をプロのバレリーナにする」とバレエを習わせているわけではないでしょう。

先輩ママが目に余ることがあると、注意をうけることがありました。

たとえば、バレエは髪を「シニヨン」といってお団子にまとめるのですが、後れ毛ひとつあっただけで指摘されるほどです。

それだけ、先輩ママと入りたてのママとでは、温度差があります。

常に先輩ママには気をつかっていました

かすみ

 

バレエの発表会で親が失敗しない方法

では、右も左も分からないバレエの発表会で失敗しないために、どうしたら良いのでしょう?

ここでは、バレエ未経験者の私が、発表会を乗りきった方法をお伝えします!

普段から他のママと仲良くしておく

とにかく情報収集をすることです。

習い事のママと割り切って、ドライな態度で接していると、発表会の時に自分が大変です。

発表会の時は、事前に係ごとに集まって作業を分担したり、新しい情報を共有したりしますので、良い関係でいることが大切です。

また、バレエ経験者のママは既にバレエの世界を知っているので、たくさんの情報をもっています。

無理に仲良くする必要はありませんが、普段からつかず・離れずの距離間でコミュニケーションをとっておきましょう。

困ったときは、バレエ経験者ママにお願いしてみる

私はとにかく裁縫が苦手だったので、衣装の直しを、同じクラスのバレエ経験者のママにお願いしました。

そのママはすごい良いママで、お願いを快く引き受けてくれて、私の家で衣装を直してくれました。

私の通っているバレエ教室は基本、知らないことに対して、手取り足取り教えてくれるところではなかったので、衣装の直し方から何から、自分で調べなければなりませんでした。

衣装って直すことも知らなかったし・・・

貸衣装なのに、直接縫って、サイズ調整していいとか知らなかったし・・・

かすみ

バレエ経験者の方からすると当たり前のことなんでしょうが、そのママには本当に助けてもらって感謝しています。

まとめ:バレエの発表会は親も大変!お教室のママとのコミュニケーションを普段から心がけて!

今回のポイント

【バレエ発表会】親の負担がハンパない!
・裁縫ができないとキツイ
・親にきっちりとした係が振り分けられる
・先輩ママとの間に上下関係がある
バレエの発表会で親が失敗しない方法
・普段から他のママと仲良くしておく
・困ったときは、バレエ経験者ママにお願いしてみる

いかがだったでしょうか?

発表会がなければ、習い事として大変ではないバレエ。

かといって、発表会という「お披露目の場」がないとモチベーションがあがらないのも確かです。

確かに、

発表会は親子ともに大変ですが、やり終わった後の感動や達成感は他では味わえません。

発表会は一人では作り上げられませんので、周りとの協力が必須です。

普段から周りのママとコミュニケーションを適度にとりつつ、時には協力をあおぎながら、発表会にのぞんでくださいね。

では!

 

☆こちらの記事もオススメ☆

子供の頭が良くなる習い事!東大生は? 子供の頭が良くなるオススメの習い事は?東大生のデータから分析! 習い事多すぎ?3つのデメリット 子供の習い事が多すぎる?3つのデメリットと解決方法 習い事をやめる時、お礼は必要? 子供が習い事をやめる時、いつどうって言う?お礼はいる?