【炎上】月経カップおじさんまとめ!小野田英って何者?過去も失言していた!

「月経カップおじさん」というワードがTwitterでトレンドとなっています。

調べてみると、「月経カップおじさん」と呼ばれれているのは、小野田英さんという男性で、「月経カップ」をゴリ押しして炎上しているようです。

小野田英さんとは、一体何者なのでしょう?

今回は、

  • 小野田英さんが「月経カップおじさん」と言われるまでの経緯
  • 小野田英さんって一体何者?経歴まとめ
  • 小野田英さんが過去に失言したこと

について、ご紹介します!

月経カップおじさん炎上まとめ

月経カップおじさん、こと、小野田英さんが炎上した経緯は、ある女性の「布ナプキン」のツイートから始まりました。

これは、貧困で生理用品が買えない小学生~の女の子たちをどう助けてあげられるか、といった観点からツイートされたものです。

女性は「布ナプキンは使いずらく、使った後持って帰る手間などを考え、学校に行く子供たちが使うには不便すぎる」とツイート。

すると、小野田英さんが「助産師のシオリーヌさんが月経カップを紹介している動画」をリプします。

月経カップは、欧米ではメジャーになっていますが、日本ではまだそこまで普及していません。

というのも、

  • 医療用のものだと3~4000円と高い
  • 使いずらい

というデメリットがあるからで、

ナプキンを買えないほど貧困な家庭が、高額な月経カップを手に入れられるのか、また、大人でも使いずらいのに、子供に使いこなせるのか、といった女性からの声があがりました。

しかし、そのような指摘に対し、持論を展開する小野田英さん。

  • 日本だけの現状を語られても、EUや米国は日本より不潔でも通るとでも見下しているのか?
  • 欧米では学校などで無償配給しているところがある
  • 一度入手すれば一生使える。トータルコスト削減の効果は大きい
  • 月経カップが安全を担保されていないという科学的根拠はどこにあるのですか?

小野田英さんが女性の生理用品の「月経カップ」についてムキに反論するあまり、炎上する事態になってしまったというわけです。

女性のデリケートな問題なのに、それを男性が声を大にして発言することも疑問視されています。

月経カップおじさん、小野田英が気持ち悪いとの声

ネットでは、小野田英さんの反論が気持ち悪い!と話題になっています。

マジで生理なったことない男がここまで言うの一体なんなんだ!?月経カップの営業マンですか?

月経カップおじさんキモすぎだろ…。

よく知りもしないことを知ってるかのように知識をひけらかすあの姿の気持ち悪さよ。

確かに、月経カップを推奨するまではあるあるですが、その後の反論が月経カップ信者のように勧めてきていてちょっと引きますよね。

しかも、生理の経験者である女性が異を唱えているのに、経験したことのない小野田英さんがムキになって反論する態度が、余計に感情を逆なでています。

月経カップおじさん、小野田英ってどんな人?

今回炎上した「月経カップおじさん」こと、小野田英さんは一体どんな人なのでしょう?

調べてみると、小野田英さんのFaceBookがヒットしました。

小野田英のFacebook

▲小野田英のFaceBook

Twitterのアイコンと同じ写真を使っているので、月経おじさん、小野田英さんと同一人物であると考えられます。

小野田英のTwitter

▲小野田英のTwitter

小野田英さんのFaceBookの経歴は以下のとおりです。

  • 名前:小野田英
  • 高校:岩手県立盛岡第一高校 入学
  • 大学:弘前大学 地球科学科
  • 日本地震学会会員 自由党党員 日本自然保護協会(元)会員

2018年から無職となっています。

また、離婚もしているようです。

衆議院静岡4区に出馬?

小野田英さんのプロフィールに「衆院静岡4区」とありますが、立候補者なのでしょうか?

調べてみると、小野田英さんは、ボランティアとして選挙に参加してたようですね。

私を国政選挙への立候補予定者と見誤って言葉の礫をぶつけてきた。

ボラとは「ボランティア」の意味であって、草の根で闘う最前線にいる存在である。決して全国組織としてのリーダーではない。

2020年12月11日の小野田英さんのtweetで「ボランティア」という言葉を使っています。

小野田英の過去発言も問題に

小野田英さんは、過去にも失言をして問題になったことがあります。

それがコチラのツイートです。

小野田英さんは、「私の友人夫婦の赤ちゃん時代」とした上で

  • 父親が抱くとすぐギャン泣きする
  • 母親が抱くとすぐ泣き止む
  • 自分も試しに抱いたがやはりギャン泣き
  • 男が(赤ちゃんを)世話するのは難しい

とツイートしています。

これに対し、反論ツイートが殺到します。

中でも6643件のいいねがついていたコメントがこちらです。

断言する 「赤ちゃんにはやっぱりママ」とか「パパがどんなに育児を頑張ってもママには勝てない」という コメントを出産前にもらったけど、 全然そんなことなかったね 。

夫はオムツ替えもミルクも寝かしつけも 全部こなせるし、私が夫から 爪の切り方のコツを教わったこともある 。母性信仰はやめて。

小野田英さんは、月経カップにしろ、赤ん坊のことにしろ軽い気持ちでツイートしたと思いますが、両方とも炎上する事態になってしまいましたね。