2022年最新の美容グッズはコチラ!

吉田成那ちゃん2歳死亡トヨタ原因か「40kmでもアクセル全開」北海道ゴーカート

2022年9月18日に北海道グリーンピア大沼で行われた、ゴーカート体験イベントの子供事故。

小学6年生の11歳女の子が、アクセル全開で1歳、2歳、4歳に衝突。

3人は病院へ搬送されましたが、吉田成那(よしだせな)ちゃん2歳が死亡。

暴走の原因はイベントの主催者や、函館トヨタ自動車か調査しました。

吉田成那ちゃん2歳死亡「40kmでもアクセル全開」北海道ゴーカート

18日、北海道森町で開かれたイベントで、ゴーカート(レーシングカート)がコースを飛び出し、子ども4人をはねました。

このうち2歳の男児は病院で治療を受けていましたが、19日、死亡しました。

引用:Yahooニュース

2022年9月18日に行われた、イベントで起こった今回の事件。

ピット(待機エリア)に入るための右カーブをアクセル全開で直進。

死亡してしまった吉田成那ちゃんも大変残念ですが、事故を起こした11歳の女の子も大丈夫でしょうか…。

レーシングカートに乗っていた女児も責められまい。

40km/hも出る高速カートを自在に操作するのは大人でも難しい。

引用:Yahooニュースコメント

そもそも、なぜこのようなイベントで40kmもスピードが出るカートを使ったのでしょうか?

普通に考えれば、アクセルとブレーキの操作を教えただけで、こんな機械を操作することはできないでしょう。

40kmもスピードが出ているのに、それでもまだアクセルを踏み込んでいたようです。

もしかしたら、将来車を乗ることができないほどトラウマになるかもしれませんね。

吉田セナちゃんたち子供事故は主催函館トヨタ原因か

遊園地の子供用の電動カート程度を想定したのかコースと観客をコーンで区切っていること事態が異常でしかない。

トヨタの安全管理が貧弱なのでいくら暴走したとしてもコンクリートブロックなどで観客を防ぐ対策をしていなかったことにあるのだろう。

引用:Yahooニュースコメント

ここまでにも紹介してきましたが、やはり今回の原因は子供ではなく、主催の函館トヨペットに原因があるという意見が多数。

高齢者だけでなく、若い人でも車の事故は絶えないと言うのに、原付並みのスピードが出るカートを小学生が操作する。

それだけでも十分危険なのに、安全対策は万全とは言えない状況でした。

これが車メーカーではなく、他の一般企業であれば仕方ないと思える部分もあったでしょう。

しかし、主催は車業界超大手のトヨタと同等の車を販売する函館トヨペット。

今回のような車が関連するような事故を、事前に予測して防げなかったのはかなり残念な結果ですね。

主催の函館トヨペットに対する声は

予期せぬ事故?
明らかに予測できる事故ではないでしょうか。
カラーコーンって、そんなに頑丈でしたっけ?
素人でもわかる事なのに!

 

イベントやるならちゃんとしたコース貸し切ってやるべきだったね。

企業側の危険予知も足りなかった感じする

 

乗る前に、どのようなレクチャーをされていたのか見てないので分かりませんが レーシングカートを初心者の子供に乗せるって理解出来ないな 乗せるなら遊園地の遅いやつしか駄目だろ

 

4ストの200ccだと思うけど、馬力高い方のだぞ。 なんで素人の子供が乗るイベントにこのカートを選んだのか?

 

11歳なので厳正な刑事罰を求めます。 2歳の亡くなられた男児も何が起こったか分からぬうちに命を絶たれ無念極まりない。ご冥福をお祈りします。

 

引用:Yahooニュースコメント

なぜこのような年齢の子供に、こんなカートを運転させたのかという声がほとんど。

2歳の子だけでなく、今回の事故を一生背負って生きていかなければならない、11歳の少女とその家族。

参加者に車を好きになってほしいというコンセプトで始まった今回のイベント。

真逆の結果となってしまったのは、悲しい限りです。

そして、中には11歳の少女にまで責任を求める声がありました。

今回の事件がこれからの人生で消える事が無いことは、本人が一番身を持って分かっているでしょう。

どうか、このような心無いコメントが増える事の内容に祈ります。

吉田成那ちゃん加害者犯人は11歳少女かトヨタか

今後は事故の責任が小学6年生の女児か、函館トヨペットに問われるのでしょうか?

もちろん、まだ11歳の女児が責任をおえる訳もありません。

レンタルカートサーキットでもアクセルを踏んだままパニックになり、止まりきれずに怪我をされる方が毎年数多くいるのも事実です。

今回のイベントはノウハウを持った専門業者の運営でしたが、特設コースでの開催であり、万が一の想定が欠けていたと考えられます。

引用:Yahooニュースコメント

Yahooニュースコメントでは、専門家がこのようにコメントしていました。

  • 免許も持っていない小学生が運転する、ゴーカートのスピードは原付並み
  • さらにコースの直線状に観客席を設置。
  • 遠隔で緊急停止ができる、子供用のカートではなく大人用を使用

他にも、今回の事故で主催者側に問題はあると言われています。

ある意味では、この11歳の小学6年生女児も被害者なのかもしれませんね。

ゴーカート死亡事故「責任は11歳かトヨタか」業務上過失致死の疑いで捜査中

吉田成那ちゃん2歳顔画像当日はポール近くで観戦か

引用:北海道ニュース

吉田成那ちゃんは、一体どのような子供だったのでしょうか?

顔画像を検索してみましたが、SNSのアカウントも存在せず特定する事はできませんでした。

北海道ニュースが公開した報道で、2歳児くらいの子供が映っていたのですが、これも特にそれ以上の情報は無し。

今だに吉田成那ちゃんの顔画像は公開されていません。

目がクリクリして、全てが可愛かったと母親が話していた事から、外人のようなハッキリとした顔立ちだったようです。

今後も調査を行い、報道されればコチラに追記をしていきます。

吉田成那ちゃん2歳の母親がコメント「全部が可愛かった」

「一瞬の出来事だった。痛かったかな……。びっくりしたと思う」

「目がくりくりして、全部がかわいかった。先のことは、まだ何も考えられない」

引用:読売新聞

吉田成那ちゃんの顔画像は特定できませんでしたが、母親のコメントからかなり綺麗な顔をしていた事が分かります。

家族で見に来たイベントで、楽しく観戦していたのでしょう。

ヒーローごっこ好きで、「変身!」と大きな声で叫びながら遊ぶ元気いっぱいの男の子。

きっと、この時のゴーカートにも乗りたがっていたでしょうね。

そんな最愛の息子を一瞬で無くしたご両親の事を考えると、胸が苦しくなります。

吉田瀬奈ちゃん2歳は北海道ゴーカート事故になぜ巻き込まれたのか

会場では運転を体験する児童らに、事前にブレーキやアクセルなどの操作の指導も行っていたということですが、ゴーカート(レーシングカート)を運転していた女児は、右に曲がりピットレーンに入るところ、アクセルを踏み込んだまま直進し、コースを逸脱したということです。

引用:Yahooニュース

なぜ今回のような悲しい事件が起こるのか、不思議に思った方も多いのではないでしょうか?

そもそも、コースの周りにはタイヤなどを衝突した時のために備えているはず。

今回の事件概要を調査していると、衝撃の事実が発覚しました。

イベントを主催した函館トヨペットの坂上裕一車両企画部長は、「ピットインする場所は基本的に低速になる場所だったので、フェンス(プラスチック製のクッションとなるブロック)がない状況」だったと説明しています。

事故があったピットレーン付近は、三角コーンに棒を渡した仕切りだけだったということです。

引用:Yahooニュース

低速になるはずの場所だからと、ブロックを何も置いてなかったとの事。

どこで何があるか分からないからこそ、事故に備えることが必要のはず。

この考え方では「カーブでスピードが出ないと思ったからブロックを置かなかった」と言うのと同じレベル。

運営側がそんなずさんな考えだったからコースを逸脱して、幼い3人の子供に衝突してしまったようです。

吉田成那(セナ)親家族とゴーカート加害者「親が責任取り賠償」函館

吉田せなちゃん暴走ゴーカートで11歳の女の子はパニックか

イベントを主催した新千歳モーターランド・九谷田聡さん

「通常はアクセルを離してブレーキを踏んで減速しないといけない場面なんですが、アクセルを踏みっぱなしになっていたという状況ですね」

「(女の子は)なんかもう混乱していたという状況で、なんとか止めようとして必死に努力したんですが止められずに、という状況です」

引用:Yahooニュース

今回の事故を起こしてしまった、小学6年生で11歳の女の子は操作ができず混乱していたようです。

冷静な自分たちが聞くと「どうしてブレーキとアクセルだけの捜査なのに、混乱してしまうのか?」と思ってしまいますよね。

しかし、少女はゴーカートに乗るのが初めてだったのではないでしょうか?

当然、車に乗ったこともある訳ないので、必死で車を止めようとアクセルを踏み続けたのかもしれません。

時速40kmも出る乗り物を、鉄柵もない簡易コースで、免許のない(自動車教習所に通ったことのない)子どもに運転させる、というイベントに疑問を感じる。

子どもに運転させたいならば、遊園地のゴーカートのように、どれだけベタ踏みしても速度が出ないようにすべき。

速度の出るカートを使いたいのならば、鉄柵を設けるなどし、運転免許保持者のみ運転可能にすべき。

…だと思うのですが。

引用:Yahooニュースコメント

この方も仰っているように、40kmもスピードが出るカートを使う必要があったのでしょうか?

アクセルを踏めばスピードが出るのは当たり前ですが、11歳の少女からすればゴーカートが暴走しているようにすら感じたでしょう。

そうなればパニックを起こすのも当然では無いでしょうか?

もしかしたら、あまりに早過ぎたスピードから恐怖で足が固まったのかもしれません。

今回の事件は、主催側に対する疑問の声が止まらないのが現状です。

吉田成那ちゃん2歳ゴーカートは「40kmでもアクセル全開」

南幌カートスポーツクラブ・桜井さん

「子ども用のレンタルカートには、遠隔でスイッチを押すとカートが止めることができる物もある。

パニックになると、手も足も突っ張るはず。そうなるとアクセルが全開になる」

引用:Yahooニュース

11歳の女の子が乗っていた、大人用のゴーカート。

なぜ40km以上スピードが出ているのに、パニックを起こしてアクセルを踏み続けたのでしょう。

その理由は恐怖とパニックが起こると、手足が突っ張るからだと報道されていました。

実際になった人にしか分からないのかもしれませんが、筋肉が緊張してしまうのでしょうか。

自分は泊まりたいと思っているのに、どんどん加速するカートに乗っていた少女の恐怖は測りしれません。

吉田成那ちゃん死亡事故のグリーンピア大沼はどんな所?

今回事件が起きてしまったグリーンピア大沼とは、どのような場所なのでしょうか?

  • 名前 グリーンピア大沼
  • 場所 北海道茅部郡森町赤井川229
  • 施設 宿泊施設
  • 詳細 公式ホームページ

調べた所、自然に囲まれた場所にある綺麗なホテルでした。

引用:公式ホームページ

引用:公式ホームページ

公式ホームページで確認しましたが、今回のようなイベントを開催できるような広さは十分ですね!

とはいえ、今回のイベントにグリーンピア大沼が関わっているというような報道はありませんでした。

間違ってホテルの評判を下げるような発言や勘違いが無ければ良いですね。

レーシングカートなど事件の詳細北海道ゴーカート事故11歳の瞬間動画!責任や実名を調査

error: Content is protected !!