平手友梨奈「ダンスの理由」の歌詞は脱退の気持ち?赤裸々すぎてヤバイ

平手友梨奈

元欅坂46の平手友梨奈さんが、2020年12月9日放送fns歌謡祭でソロデビューを発表しました!

欅坂46の時は、笑わないアイドルとして、クールなイメージが強かった平手友梨奈さん

今回のソロデビュー曲でも、ますますブラッシュアップしたカッコ良さがステキですね。

そんな中、平手友梨奈さんのソロデビュー曲「ダンスの理由」の歌詞が意味深と話題になっています。

今回は、平手友梨奈さんがソロデビューの曲、「ダンスの理由」の歌詞について調べてみました。

平手友梨奈がソロデビュー曲「ダンスの理由」を披露

平手友梨奈さんのソロデビュー曲は、「ダンスの理由」というカッコいいダンスナンバーです。


これは平手友梨奈さんが制作から携わったオリジナルの曲です。

作詞は、坂道グループでもおなじみの秋元康さんです。

平手友梨奈さんのダンスはとてもカッコいいのですが、歌の歌詞がとても意味深なんです。

平手友梨奈のソロデビュー曲「ダンスの理由」歌詞が意味深!

「ダンスの理由」の歌詞をみていくと、平手友梨奈さんの孤独・葛藤が見えてきました。

一番辛かった

結局、

あの娘を見てると 

一番辛かった頃の私を

思い出すの

平手友梨奈の歌詞

これは欅坂46の時のことですよね?

平手友梨奈さんはパフォーマンスを一生懸命にやりすぎているところが見ていても分かりました。

辛かったことも多かったでしょうね。。。

誰かがいてくれたら

誰かがいてくれたら

普通でいられた

平手友梨奈の歌詞

平手友梨奈さん、欅坂46の時は、孤独だったのでしょうか

欅坂46のドキュメンタリー映画では、平手友梨奈さんの周りには常にだれかが寄り添っている印象でしたが・・・

ずっとセンターを務めてきた、平手友梨奈さん。

センターを担ってきた天才ゆえの孤独でしょうか。

誰もいなかった

誰もいなかったから

仕方なく踊るしかなかったんだ

平手友梨奈の歌詞

欅坂46で、常にセンターだった平手友梨奈さん。

言われてみれば、途中から、望んでセンターをやっている感じはしませんでした

「仕方なく踊るしかなかったんだ」と心境を吐露していますね。

今回の曲も、クールでカッコいいですが、歌詞がリアルで平手友梨奈さんの悲痛な叫びが聞こえてくるようです。

平手友梨奈のソロデビュー曲「ダンスの理由」は脱退の時の気持ち?

平手友梨奈さんは、2020年1月23日に欅坂46から電撃脱退しました。

平手友梨奈

紅白歌合戦に4年連続で出場し、絶頂の欅坂46。

平手友梨奈さんの突然の脱退は、当時大きく取り上げられました。

「脱退」にこだわった

AKB、坂道グループは、グループを抜ける時には「卒業」という言葉を使っていました。

そして、「卒業」に向けて、卒業コンサートが開かれたり、卒業の歌が作られたり、卒業への花道が作られるのが普通です。

平手友梨奈さんの場合は、「卒業」ではなく、「脱退」という言葉を選びました。

それは、平手友梨奈さんの本人の要望だったそうです。

平手友梨奈さんの中で「自分は卒業ではない」という何かがあったのでしょう。

脱退理由は?

平手友梨奈さんの脱退理由については今まで語られていません。

平手友梨奈

平手友梨奈さんが出演していたラジオ「SCHOOL OF LOCK!」で、脱退について語っています。

先ほど、ホームページで発表がありましたが、欅坂46を離れることになりました」と報告。

さらに「今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話させていただこうと思います」と脱退の理由を明らかにはしなかった。

引用:東スポ

脱退した直後は、脱退理由を話したいと思わなかったとのことです。

平手友梨奈さんの心境が、まだ複雑だったんでしょうね。

「ダンスの理由」の歌詞は脱退の時の気持ち?

「ダンスの理由」の歌詞をみてみると

  • 誰かがいてくれたら普通でいられた
  • 一番辛かった頃の私を思い出すの
  • 同じような境遇ならば 同じ目に遭わせない
  • 犠牲がしょうがないなんて 部外者に言わせるものか

といった、とても辛くて孤独だった気持ちが綴られています。

もしかしたら、平手友梨奈さんが脱退した時の気持ちを歌詞に表しているのかもしれませんね。

平手友梨奈がソロデビュー決定!世間の声は?

平手友梨奈さんのソロデビューに、圧巻のパフォーマンス!との声があがっています。

平手友梨奈さんの圧倒的なパフォーマンスは健在でしたね!

ソロデビュー曲と聞いて、欅坂46の頃とは違って、ふんわりした曲調でイメチェンしてくるのかと思ったら、さらにパワーアップした平手友梨奈さんでした。

これからもカッコいいパフォーマンスを楽しみにしています。