2022年最新の美容グッズはコチラ!

BTS釜山コンサートへの行き方完全マニュアル!韓国入国に必要な準備から徹底解説

2022年10月15日(土)にBTS(防弾少年団)が韓国の釜山にて無料コンサートを開催することが決定しました!

また海外渡航の際に大きな壁になっていた日本へ帰国の際のPCR検査が不要になりました。

これを機に韓国に渡航を考えている日本のARMY(BTSのファンの総称)も多いのでは?

今回は今現時点での韓国入国に関しての情報とコンサート会場への行き方を徹底調査しました!

韓国に入国するために準備すること

  1. パスポートを発行する
  2. 航空券を購入する
  3. 観光入国前にQ-CODE(韓国入国の際の検疫情報システム)の登録
  4. K-ETA(電子旅行許可制度)の申請
  5. 入国カード・税関申告書の提出
  6. 韓国入国後1日以内にPCR検査

韓国に入国するハードルは、徐々に下がってきています。

また、日本に帰国する際にPCR検査の陰性証明書が必要でしたが、ワクチンを3回接種している方は韓国現地でのPCR検査が不要になりました。

ワクチンを3回接種していない方は、帰国の際PCR検査が必要になります。

現段階で韓国に入国後、一日以内にPCR検査を受ける必要がありますが、この条件も近いうちに撤廃される可能性があります。

パスポートを発行する

まず、海外旅行に行く際に必ず必要なものはパスポート(旅券)の発行です。

パスポートを発行するには、いくつか書類が必要になります。

●一般旅券発給申請書(ダウンロード申請書もしくは手書き書式の選択ができます)

●戸籍謄本(申請日前6ヶ月以内に作成されたもの)

●住民票の写し

●証明写真

  • 縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(無地で淡い色)の写真であること
  • 申請日前6か月以内に撮影されたものであること
  • 無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34プラスマイナス2ミリメートルであるなど申請書に記載されている規格を満たしていること
  • 写真の裏面には申請者の氏名を(表面に文字が浮かび出ないよう筆圧に注意して)記入るること

●本人証明ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証等)

パスポートの発行手続きにはお住まいの地域によって発行申請する場所が決まっていることが多いので、事前に調べてから行くことをおすすめします。

また、パスポートを窓口で申請してから受け取りまでに2週間ほどかかるので旅行に間に合うように、余裕を持って申請しましょう。

航空券を購入する

日本から韓国までは直行便が出ているので、とても気軽に行くことができます。

東京や大阪、福岡から直行便が出ているのは、韓国の首都であるソウルと最南端にある釜山です。

BTSのライブが行われるのは釜山ですが、通常韓国に入国する方は、ソウルの仁川国際空港から入国される方が多いでしょう。

日本から韓国への航空券を購入するにはスカイスキャナーを利用して航空券を購入する方法がおすすめです。

スカイスキャナーでは、販売されている航空券の金額を比較することができます。

出発地と目的地を入力することで、全ての航空券の出発時間から到着時間、直行便などの情報が検索できます。

引用:スカイスキャナー

このように、全ての情報が検索できるのでご自身のご都合に合わせた航空券を購入することができます。

成田空港から韓国の仁川国際空港までは、約2時間30分ほどで行くことができます。

空港では、スーツケースを預けたり保安検査、出国手続きなどあるので余裕をもって2時間前には到着しておくことをおすすめします。

Q-CODE(韓国入国の際の検疫情報システム)の登録

韓国に入国するにあたり、Q-CODEという検疫情報システムに事前に登録しておく必要があります。

Q-CODEは、韓国が入国者の健康状態の管理をするシステムです。

  1. メールアドレスの入力

  2. パスポート情報の入力
  3. 韓国に入国する目的、滞在先等の情報の入力
  4. 検疫情報の入力
  5. 健康状態の入力
  6. 入力情報の確認
  7. QRコードの発行

Q-CODEを事前に登録しておくことにより、韓国の入国審査でQRコードを提示するだけでスムーズに審査を通過することができます。

また、入国後のPCR検査の結果をQ-CODEを通じて登録する必要があります

QRコードの発券までに72時間ほどかかる場合があるので、旅行の3日前までに登録をすませておくようにしましょう。

K-ETA(電子旅行許可制度)の申請

日本国籍の人は、2022年8月4日〜10月31日までの期間限定で、VISA無しでの無査証入国が認められています。

K-ETAとは、電子旅行許可制度のことでVISAの申請をしない代わりに登録が必須になるものです。

日本を出発する72時間前までに申請・許可が必要になります。

K-ETAを申請することにより、原則90日間滞在することが可能です。

申請をするにあたって必要なものがいくつかあります。

・有効なパスポート

・利用可能なメールアドレス

・顔写真(容量が100KBで縦横700ピクセル以下のもの)

・10,000ウォン(日本円で約1000円)の申請料金を支払うことのできるクレジットカード

K-ETAの申請は、ホームページで行うことが可能ですが、モバイルアプリでも行うことができます

アプリからの申請の方が、入力が簡単なのでおすすめです。

申請の結果は、登録をしたメールアドレスに通知されます。

K-ETAの公式YouTubeに登録方法が詳しく記載されているので参考にしてみてください。

入国カード・税関申告書の提出

韓国に入国する際に、空港の係官に入国カードと税関申告書を提出する必要があります。

入国カードと税関申告書は、飛行機内で配布されます。

飛行機の中で記入することになるので、ボールペンは忘れずに準備するようにしましょう。

入国カードと税関申告書は、ローマ字表記で書きましょう。

引用:JAL公式サイト

1.姓

2.名

3.性別

4. 国籍

5.生年月日

6.職業

7.韓国での滞在先と電話番号

8.入国目的

9.パスポートと同じ署名

引用:JAL公式サイト

引用:JAL公式サイト

1.氏名

2.生年月日

3.パスポート番号

4.職業

5.旅行期間

6.旅行目的

7.航空便名

8.同伴家族人数

9.韓国入国以前に訪問した国

10.韓国での滞在先の住所

11.電話番号

12.該当する項目にチェック

13. 日付

14.パスポートと同じ署名

15.韓国以外の国で購入して免税範囲を超える場合に該当するものの記入

韓国入国後1日以内にPCR検査

韓国に入国後1日以内(入国した翌日の23:59まで)にPCR検査をすることが義務付けられています。

PCR検査場所は、仁川国際空港検査センターまたは、認定医療機関という指定があります。

仁川国際空港検査センターは、4ヶ所あり料金は80,000ウォン(日本円で約8,000円)で実施することができます。

市内の認定医療機関で検査する方法もありますが、空港で検査する方がほとんどです。

仁川国際空港検査センターでは、予約なしで検査を受けることもできます。

PCR検査の結果は、登録のメールアドレスに届きます。

届き次第結果をQ-CODEに登録する必要があるので、忘れないようにしましょう。

BTS釜山コンサート「Yet to Come in BUSAN」会場は?

引用:BTS公式サイト

2022年10月15日(土)18時よりBTSの釜山コンサート「Yet to Come in BUSAN」が開催されます!

コンサート時間は90分と通常のコンサートよりも短いですが、久しぶりにBTSに会えると嬉しいARMYも多いはず!

9月2日にコンサート会場が釜山日光(イルグァン)特設ステージから釜山アジアド主競技場に変更になりました。

釜山アシアド主競技場は、最大収容人数は約8万人で、座席数は約5万3000席となる模様。

釜山日光特設ステージよりも、観客動員数は減少してしまうようですが仕方がないですね。

  • 開催場所:釜山アシアド主競技場
  • 住所:344 World Cup-daero, Yeonje-gu, Busan, 韓国
  • 開催日時:2022年10月15日(土)
  • 開始時刻:18時から90分間
  • 電車アクセス方法:釜山地下鉄3号線 総合運動場駅を下車9番出口より徒歩約10分
  • バスアクセス方法:西面より 市内バス54番もしくは83-1番で釜山医療院下車すぐ

BTS釜山コンサート「Yet to Come in BUSAN」会場への行き方は?

釜山市にある金海国際空港(キメ)から会場に向かう方も多いでしょう。

金浦国際空港から釜山アシアド主競技場までの距離は、電車を乗り継いで向かっても約1時間ほどで到着します。

  • 金海空港駅から釜山金海軽電鉄で大渚駅まで向かう
  • 大渚駅で3番線に乗り換えて総合運動場駅で降りる

乗り換えは1回のみなので、難しく考えなくても大丈夫です。

韓国の電車は英語表記もありますし、アナウンスは日本語が流れる場合もあります。

また、電車を乗る際には韓国のコンビニなどで販売されているT-moneyカードを購入すると便利です。

引用:T-moneyカード

T-moneyカードとは、日本でいうSuicaのような交通系ICカードです。

空港の中にあるコンビニなどでも購入でき、チャージすることによって利用できます。

また、韓国では電車に乗る際に現金で切符を購入した際の方が割高になります。

T-moneyカードは、コンビニなどの普段の買い物でもタクシーに乗る際も使うことができるので、作っても損はないと思われます!

また、韓国に入国する際にソウルの仁川国際空港や金浦国際空港を介して入国される方も多いかと思います。

引用:スカイスキャナー

ソウルの空港から釜山の金海国際空港までは、日によりますが片道4000円前後で約1時間ほどで行くことができます。

飛行機で行くメリットをご紹介します。

  • 電車やバスで行くよりも移動時間が短い
  • 日によっては高速バスよりも安く行けることがある

飛行機で行くには、メリットもありますが移動時間を含めるとそこまでメリットは少ないかもしれません。

また、ソウルから釜山までの交通手段として電車やバスという方法もあります。

電車で行くメリットをご紹介します。

  • バスよりも移動時間が短い
  • 時間が正確なのでスケジュールを立てやすい
  • 高速鉄道KTXの場合日本語案内があるので安心

ソウル駅から電車で釜山駅まで行くには、KTXと呼ばれる高速鉄道を利用すると約2時間半で行くことができます。

料金は片道日本円で6000円ほどです。

チケットはインターネットでもソウル駅でも購入することができます。

次にバスで行くメリットをご紹介します。

  • 料金が安い
  • ゆっくり移動できるので旅行気分を味わえる
  • 座席が広いのでゆったりできる

バスの最大のメリットは、料金が格安なことです。

片道一般席ですと、日本円で2500円ほどで行くことができます。

時間も4時間ほどかかりますが、ゆっくり移動できるのを好む方にとってはバス移動もおすすめです。

ソウルからバスまたは電車で釜山に到着した方は、釜山駅から会場に向かいます

釜山駅からコンサート会場までは、電車で約1時間ほどで向かうことができます。

  • 釜山駅から1号線に乗車し蓮山駅まで向かう
  • 蓮山駅で3号線に乗り換えをして最寄り駅である総合運動場駅まで向かう

乗り換えの必要がありますが、韓国の駅は非常にわかりやすく案内があるので迷うことはないでしょう。

日本語表記の案内がある駅もありますが、もし難しいようでしたら駅員さんに聞くようにしましょう。

韓国の地下鉄アプリがとても便利でおすすめなので、事前にダウンロードしておくと便利です。

出発駅と到着駅を入力することで、料金や時間も確認することができます

また、初めて韓国に行かれるARMYも多くいるかと思います。

釜山駅から会場まで往復シャトルも予約することができるので、不安な方はこちらを予約するのもおすすめです。

引用;kkday

当日ライブを楽しめるように、しっかりと下調べをしてぜひ楽しんでください!

error: Content is protected !!