子供の習い事が多すぎる?3つのデメリットと解決方法

習い事多すぎ?3つのデメリット

ふくた

習い事やってる子って多いよね
私のまわりでも、平日毎日習い事をしていたり、土日にかけもちしている子もいます

かすみ

習い事は、お子さんの可能性や世界を広げてくれるものですが、多すぎると子供に負担がかかってしまい、マイナスになってしまうことも。

今回は、習い事が多いことで起こるデメリット、複数の習い事をこなす方法をみていきましょう!

こんな方におススメ
  • 習い事が多すぎることのデメリットが知りたい
  • 複数の習い事を効果的にこなす方法
  • オススメの習い事の数が知りたい

習い事が多すぎることで起こる、3つのデメリット

休む時間、友達と遊ぶ時間がなくなる

幼稚園や学校に行った後、多少なりとも子供は疲れています。

家でほっとしたい時や、友達と遊びたい時もあるでしょう。

学校から帰ってきて、すぐ習い事があると、勉強の続きという認識になって、疲れてしまいます。

平日は毎日学校がありますから、何日かは習い事がない日を作ってあげましょう。

自由な時間、友達と遊ぶ時間も大切です

かすみ

 

金銭的な負担がかかる

何種類も習い事をかけもちしていると、その分費用がかかります。

毎月決まったお金が出ていくので、家計の負担にならないよう、計画的に習い事を選ぶことが大切です。

習い事のお金で気をつけたいのが、「教材費」「施設使用費」「発表会代」「検定代」などです。

ふくた

教材費が前期と後期の2回に分かれている場合もあるよ
「発表会代」は習い事によって全然違うので、事前に確認しておきましょう!
うちは何も知らずにバレエを習わせたのですが、発表会代で15万円かかりました・・・

かすみ

 

送迎や、つきそいの時間がかかる

子供が一人で教室に行けない場合は、親が送迎をする必要があります。

ふくた

小学校低学年の頃や、冬のすぐ暗くなる時間帯の時は送迎が必要だね

また、小学校にあがる前の子は、親の付き添いが必要な習い事が多いです。

子供が習い事をやっている姿を見られるのは、この時期だけ!

だけど毎回のこととなると、大変な時も・・・

かすみ

たくさんの習い事をやりくりする、効果的な方法

ふくた

やりたい習い事がたくさんあって、あれもこれもやってみたいよ~

ふくた

習い事は、どれも楽しそうで魅力的ですよね。

体験レッスンに行くと、教室は「楽しさ」「敷居の低さ」を意識しているので、子供は「この習い事やりたい!」と目を輝かせます。

実際に、うちの娘は体験レッスンに行った習い事を、全てやりたがりました。

体験レッスンは手取り足取り、マンツーマンで優しく教えてくれるからね~

かすみ

うちの子は、3歳の頃から英会話を習い始め、多い時で5個習い事をやってました。

大変かと言われれば、そうでもなかったです。

幼稚園の頃の習い事は、遊びの延長が多く、本人も楽しんで通っていました。

その頃にしかない、「可愛らしさ」「あどけなさ」も見られ、親子ともに良い思い出ができました。

かすみ

実際にうちがやった、やりくりの方法をご紹介します!

 

習い事へ行く前に公園による

うちは幼稚園で、お迎えが14時でした。

14時にお迎え

そのまま公園で遊ぶ

習い事へ直行

という流れでした。

そのため、幼稚園のお友達とも毎日遊べました。

遊ぶのが楽しすぎて、習い事に連れていくのは大変でしたが、苦手なママ友がいた時は、公園を離れる口実があったので助かりました。笑

かすみ

 

小学校へあがる前は、適正を知るチャンス

小学校へ上がる前は、まだ時間に余裕があります。

いろいろと子供に体験させてあげられるチャンスです。

子供の適性は、やってみなければわからないです。

意外なところで才能を発揮する場合もあるので、子供が興味を持ったものは、前向きにやらせてあげましょう!

かすみ

続けていくうちに、「これは向いてないな」「すごく楽しそうにやってるな」
と親も本人もわかるようになってきます。

 

小学校へ上がったら、習い事の数を絞って特化

小学校は、子供が半日の間、はじめて授業を受けます。

幼稚園や保育園の時とは違います。

宿題も出ますし、放課後の自由時間も限られた時間になります。

また、習い事も「小学生になったら、週二回に増やしてください」、というところが増えます。

週一回の子と週二回の子では、大変な差がでます

かすみ

週に一回しか選べなかった場合、だんだん周りとの差ができてきて、モチベーションが下がってしまいます。

お子さんと相談して、「続けていけそうな習い事」をある程度絞ってあげるのが良いでしょう。

絞った習い事に特化して、伸ばしてあげる方が良いです

かすみ

習い事は、週に何回くらいがオススメ?

 

小学校に上がる前は、週に3〜4日。

小学校にあがってからは、多くても、週に3日がオススメです。

ほどよく疲れもとれ、友達と遊ぶ時間も確保できるからです。

そして、平日にできるときは、なるべく平日をオススメします。

土日は休むものと割り切って、家族の時間を楽しみましょう。

 

まとめ:小学校へあがったら、習い事の数を絞るべし

今回のポイント

習い事が多すぎることで起こる、3つのデメリット
・休む時間、友達と遊ぶ時間がなくなる
・金銭的な負担がかかる
・送迎や、つきそいの時間がかかる

たくさんの習い事をやりくりする、効果的な方法
・習い事へ行く前に公園による
・小学校へあがる前は、適正を知るチャンス
・小学校へ上がったら、習い事の数を絞って特化

習い事は、週に何回くらいがオススメ?

・小学校へ上がる前は、週3~4日

・小学校へ上がったら、週3日ほど

・平日にできるものは、平日がおススメ

いかがだったでしょうか?

習い事は本来お子さんにとってとっても良い経験ができるものですが、詰め込みすぎてしまうのも良くありません。

お子さんと相談して、無理のないよう、親子で習い事が楽しめますように!

では!