子育て主婦は時間がない!家事を効率化してやりたいことをする方法

家事を効率化!

こんにちは!

かすみ(@nikisutakasumi)です。

  • 子育てと家事に追われて、自分の時間が全然ない
  • 気がつくと1日終わってる

家庭を持つと、子供中心の一日になってしまうので、自分の時間ってないですよね。

仕事をしているママだったら、なおさらのこと。

私は子供が学校へ行っている間にパートをしています。

パートが終わって、子供の習い事の送迎、または公園の付き添いがあって、全然時間がありませんでした。

でも、

時間の見直しをしたら、仕事をしていなかった時よりも、自分の時間が持てるようになりました。

今回は、パート主婦の私が、どうやって時間を作ったのか、その方法をご紹介します!

こんな人におススメ
  • もっと自分の時間がほしい!
  • 家事をもっと楽にしたい
  • 主婦になっても、いろんなことに挑戦したい

家事を見直す

1週間分の献立を作る

ふくた

無理っしょ
いやいや、できます!

料理嫌いで、料理へたくそな私でも、できる方法があります!

かすみ

献立って、毎日考えるの苦痛じゃないですか?

私がそうでした。

毎日何食べよう~って、一日の半分は考えていて、公園行って帰って冷蔵庫とにらめっこして、すぐに作れないから時間がかかり、お風呂の時間が遅くなり、寝る時間も遅くなる、という負のスパイラルに。

 

悩みに悩んで、いろんな本を見てみると、

「献立3日分を決めよう」とあったのでやってみましたが、どうも自分には合わず・・・

そこで、献立を1週間分つくっておくことに決めました。

なぜ一週間がいいかというと

「1週間分の買い物を1回で済ませられる」

からです。

 

また、あらかじめ決めておいた献立で

「今日はちょっとこの気分じゃないな~他の食べたいな~」

となった時に、選択肢が多いからです。

私は、2週間分の献立を作って、1週間ごとに使いまわしています。

かすみ

料理嫌いで、料理下手な私でもできましたので、是非試してみてください。

詳しくは、こちらの記事に書いてあります。

 

スーパーへ行く回数を週一回にする

スーパーに週何回行ってますか?

うちの母親は、スーパーの近くに住んでいるので、その日のおかずを毎日ちょこちょこと買い出しに行ってました。

新鮮なものが食べられるし、それはそれでいいと思うのです。

が、

時間を生み出そうと考えたとき、毎日スーパーへ通うことは、とても非効率です。

 

毎日30分スーパーで買い物するとして、

 

1週間だと、

30分×7日間=3時間30分

 

1か月だと、

30分×31日間=約36時間

 

になります。

1か月で、1日以上の時間をスーパーに費やしているわけです

ふくた

計算してみるとすごいね~

 

これは極端な例かもしれませんが、

「自分の時間を作りたい」のであれば、スーパーへ行く回数は極力少なくしましょう。

 

マイかごを用意する

スーパーのレジ袋が有料になりました。

これを機に、マイバッグを持参する方が増えたのではないでしょうか?

 

私は、マイかごを2つ購入して、それをずっと使っています。

かすみ

なぜバッグではなく、かごかというと、

買ったものを、バッグに入れる手間がないからです。

マイバッグだと、お会計したあとに商品をバッグにいれる作業がありますよね。

あれ、結構時間かかるんです。

私は1週間分の買い物をしているので、1度に買う量も多いです。

大量の商品を袋に入れる手間が、ストレスだったのです。

が、

マイかごにしてからは、ストレスフリーになりました!

商品買って、そのままGOです!

お肉、お魚などをいれるポリ袋はもらっていってます

かすみ

 

旦那はあてにしない

「旦那をあてにして、もしうまくいかなかったら?」

と考えました。

自分の習慣を変えるのが大変なのに、

人の習慣を変えることは、もっと大変なことです。

まずは、自分のことをやりくりして、そこでダメだったら頼ってみよう、ぐらいのスタンスの方が気が楽です。

 

朝活をする

ふくた

早起き無理だから~
私は夜型だったのですが、今はタイマーなしに朝4時に起きれるようになりました

かすみ

 

朝活できるようになると、

  • 作業に集中できる
  • 頭がすっきりしているので、作業がはかどる
  • テレビやスマホの誘惑に勝ちやすい
  • ポジティブな気持ちになれる

いいことだらけです。

また、毎朝やることを決めておけば、日々の積み重ねで、もっと成長できます。

私は毎朝、体重をはかっていますが、2か月で4キロやせました。

かすみ

 

朝活を続けるポイントは、1つ。

「夜早く寝ること」です。

 

私は娘と一緒に夜9時に寝ています。

それから7時間後の朝4時に起きることが、体にしみついてきました。

そのため、最近は夜8時ぐらいになると、眠気が襲ってきます。

ふくた

子供か

 

朝の時間は金。

昼の時間は銀。

夜の時間は銅。

 

こんな言葉があります。

朝は、脳が最も良く働く時間帯です。

夜やる仕事を朝やると、はかどることに驚くはず。

是非、朝活にチャレンジしてみてください。

 

まとめ:家事を効率化して、自分の時間を作ろう!

今回のポイント

家事を見直す
・1週間分の献立を作る

・スーパーへ行く回数を週一回にする

・マイかごを用意する
・旦那はあてにしない
朝活をする

結婚してから思ったのが、

「お母さん、こんなに頑張ってくれていたんだな」ということです。

実家にいた頃は、思いっきり外で遊びや仕事をして、家に帰ったら、お母さんの美味しい料理を何もしなくても食べられる。

それが当たり前だと思っていました。

 

家庭を持つようになって、自分が母親になった時。

どんなに疲れていても、体調が悪くても、

最低限の家事を、こなさないといけません。

 

「もっと遊びたい」、「もっと仕事したい」

と思っても、家事のための体力を残しておかないといけないので、

昔のようにはできません。

 

お母さんは「セーフティーネット」でいてくれたんだなぁと。

旅行行って帰ってきて、どんなに疲れていても、

その日お風呂やご飯の準備、洗濯機を夜遅くまで回して、

私が寝っ転がっている間、家のことをしてくれました。

 

家庭を持ったら、生活していくために、家事をしなければなりません。

子供の面倒もみます。

朝から晩まで大忙しです。

でも、

自分の時間もほしい。

大好きなドラマを見たり、カフェでのんびりしたり、本を読んだり、勉強したり・・・

だったら、

いかに効率よく、「短い時間で家事を終わらせるか」

にかかっていると思うんです。

 

毎日の家事を短い時間で終わらせて、空いた時間に自分の時間を持ちましょう。

例えば、空いた時間に

  • 気になっていたことを勉強する
  • 読書をする

など、スキルアップのことに使っていたら、

間違いなく、1年後には成長した自分と出会えます。

 

主婦になっても、あきらめないために、

「時間」を味方につけましょう!

では!