オンラインでピアノのレッスンを実際にやってみた感想

ピアノのオンラインレッスンの体験談

ふくた

ピアノのレッスンってオンラインでどうなの?

コロナウィルスが流行っている今日、習い事もオンライン化が進んでいます。

今回は、実際にピアノのレッスンをオンラインでやってみた体験をご紹介します!

かすみ

こんな方におススメ
  • ピアノのレッスンでオンラインを考えている
  • ピアノのレッスンでオンラインをする時に、必要なものが知りたい
  • ピアノのオンラインって実際どうなの?

ピアノのオンラインレッスンで、必要なもの

ここでは、実際にピアノのレッスンをオンラインで習った時に使った道具をご紹介します。

スマホ1台あればOK!

これだけ準備すればOKです!

ふくた

マイクとかいらないの?

マイクはあった方が、音がクリアに聞こえますが、オンラインのピアノのレッスンでは必要ありません。

  • 正しい音を弾いているか
  • 正しい指使いをしているか

ということを、先生がチェックしているからです。

ぶっちゃけ音が聞こえればOKです。

スマホを固定するもの

オンラインのピアノのレッスンでは、指使いを確認するため、ピアノを弾いている手元を映すことが前提です。

うちでは、イスの背もたれに手帳型のスマホーケースをかけて、固定していました。

ピアノを弾いている時の手元が映るように、ご家庭にあるもので実際に試してみましょう。

スマホを固定するものを、わざわざ買う必要はないです。

楽譜は写メして、LINEで送る

楽譜はスマホで写メして、先生にメールやLINEで送ります。

ふくた

便利な世の中だね~

急にオンラインになった時など、先生が生徒用の楽譜を持ってない場合、これでOKです。

オンラインというと、パソコン・カメラ・マイクが必要なイメージですが、スマホ1台あれば大丈夫です!

かすみ

【ピアノの習い事】オンライン2つのメリット

ピアノのレッスンをオンラインで習うとき、どんなメリットがあるでしょうか?

送迎しなくても良い

家でレッスンできるので、送迎は必要ありません。

家から遠い場所に教室があったり、雨の日だったりする時は助かりますね。

また、空いた時間に家事をするなど、時間を有効に使うことができます。

 

コロナウィルスの感染を気にしなくて良い

ピアノの練習は、防音の密室した部屋で行うところがほとんどです。

また、先生と生徒の距離も近く、マスクをしているとはいえ、感染のリスクはゼロではありません。

オンラインだったら、感染のリスクがないので安心ですね。

【ピアノの習い事】オンライン3つのデメリット

では次に、ピアノのオンラインレッスンにおける、デメリットを見ていきましょう。

スマホで手元をとるので、先生の顔を見て話すことができない

ピアノのオンラインレッスンでは、弾いている人の手元をうつす必要があります。

先生が、弾いてる人の指を確認するからです。

楽譜に「指の番号」が書いてあり、その通りに弾けているか、先生がチェックします

かすみ

ふくた

音が合っているだけじゃダメなんだね

そのため、先生とお話しするときは、一度スマホのカメラの設定をインカメラに変えたり、とその都度変更が必要になります。

 

親の補助が必要

スマホのカメラをずっと固定できればいいのですが、先生の指の動きを確認したり、面と向かってお話ししたりするとき、カメラを操作する必要があります。

スマホをずっと固定したままでレッスンするのは、難しいでしょう。

私は、レッスン時間中ずっとスマホを手にもって撮影していました

かすみ

 

電波状況によってはタイムラグがある時も

オンラインでレッスンをしていると、タイムラグが発生することがあります。

先生がリズムをとりながら、「この速さで弾いてね」という指示があったときなど、「せーの!」で合わせるタイミングが難しかったです。

また、「先生が左手を伴奏するから、右手弾いてね」といった場合も、難しそうでした。

私が右手でスマホを持ちながら撮影、左手で伴奏なんてこともやりました・・・

かすみ

ふくた

大変や!

 

自分の家でやるので、子供が遊びだす

教室ではきちんと座ってレッスンしているのですが、自分の家だと開放的になるようです。

先生に自分の描いた絵を見せたり、お気に入りの工作を見せたり。

それだけならまだしも、スマホを自分で持って家の中を移動するので、洗濯ものだったり、散らかっている部屋を見られたり、いろいろと恥ずかしかったです・・・

やめて・・・( ;∀;)

かすみ

 

ピアノレッスンのオンラインを実際にやってみた感想

実際にオンラインレッスンをやってみて思ったのは、

  • 家でお稽古となると、親のサポートが必須
  • 細かい動作が分かりづらい

ということです。

家でやるとなると、どうしても甘えがでてきますし、親のサポートは必要だと思います。

またオンラインだと、細かい動作がカメラの角度・電波状況で、伝わりづらいと感じました。

ただ、ピアノのレッスンは、1週間の練習の成果を先生に確認してもらうものなので、確認してもらえるという意味では、オンラインもありだと思います。

まとめ:ピアノのオンラインは親のサポートが必要だけど、手軽にできて便利

今回のポイント

ピアノのオンラインレッスンで、必要なもの
・スマホ1台あればOK!
・スマホを固定するもの
・楽譜は写メして、LINEで送る

【ピアノの習い事】オンライン2つのメリット

・送迎しなくてもよい
・コロナウィルスの感染を気にしなくて良い
【ピアノの習い事】オンライン3つのデメリット
・スマホで手元をとるので、先生の顔を見て話すことができない
・親の補助が必要
・電波状況によってはタイムラグがある時も
・自分の家でやるので、子供が遊びだす

いかがだったでしょうか?

親のサポートが必要ですが、オンラインのピアノはスマホ1台で手軽にできます。

1週間の練習の成果を先生にチェックしてもらうだけでも、モチベーションにもなります。

ピアノのレッスンを、オンラインで検討されている方の参考になれば嬉しいです。

では!

☆こちらの記事もオススメ☆

【子供の習い事】頭が良くなる?!ピアノを習うメリット・デメリット 中古のピアノって大丈夫?実際に購入した体験談 中古のピアノって大丈夫?実際に購入して2年使ってみた感想