【子供の習い事】頭が良くなる?!ピアノを習うメリット・デメリット

ふくた

ピアノって、子供の習い事でなんで人気なの?
私も子供のころに習っていたよ!

かすみ

ピアノが子供の習い事で人気っていうのは、何となく知っているけど、具体的に何かメリットってあるのかなって思いますよね。

せっかく自分の子供に習わせるんだったら、ピアノを習うメリットをハッキリ知りたい!

そこで今回は、子供がピアノを習うメリット・デメリットをご紹介します!

こんな方におススメ
  • ピアノが習い事でなんで人気か知りたい
  • 子供にピアノをやらせようか迷っている
  • ピアノをいつ習わそうか迷っている

ピアノを習うメリット

子供がピアノを習うメリットは以下の通りです。

  • 東大生の2人に1人はピアノを習っている
  • ピアノは脳を活性化する
  • 子供のころにピアノを習うと効果大
  • 学校の合唱などで活躍できる
  • 一生の趣味になる
  • 目標を達成する喜び・忍耐力が身につく

メリット1:東大生に2人に1人はピアノを習っている

 

まずは2つの表をみてください。

東大生と、一般家庭の「過去にしていた習い事」の表になります。

東大生

  1. 水泳(65.8%)
  2. ピアノ(56.4%)
  3. 英会話(32.2%)

一般家庭

  1. 水泳(42.9%)
  2. 書道(32.3%)
  3. 学習塾(30.5%)

1位の水泳は不動ですが、東大のみ2位にピアノがランクインしています。

東大生の2人に1人がピアノを習ってるんだね

かすみ

この結果だけで、「ピアノを習えば頭が良くなる!」といえませんが、「ピアノを習っている人は頭が良い人が多い」という結果になっています。

メリット2:ピアノは脳を活性化する

ピアノを弾いている少女

メリット1で、「東大生の2人に1人がピアノを習っていた」というデータを紹介しましたが、ピアノを習うと脳に良いということが科学的に証明されています。

ピアノを弾くのには、左手・右手・足(ペダル)が同時に動きます。

脳をまんべんなく使っているので、脳にとっても良いそうです。

脳科学者の澤口俊之先生は
「人生の成功に関係する全ての基礎がピアノで高められる」と断言されているほど。

また、ピアノを弾くときに、楽譜を見て一時的に覚えて、同時に処理する能力。それを「ワーキングメモリ」といいます。

このワーキングメモリが優れている人は、学業や仕事ができる人であることが多く、「頭のいい人」であると言われています。

メリット3:子供のころにピアノを習うと効果大

ふくた

大人になってからだと、ピアノって習い始めるのが大変そう・・・

何事も、やり始めるのに遅いことはないと思いますが、ピアノに限っていえば、子供の頃に比べると、上達に時間がかかることは確かです。

ピアノを習うのにおススメの時期は、5歳~8歳です。

その時期は「ゴールデンエイジ」といわれ、一生に一度、神経の発達がめざましい時期です。

「ドレミ」を聞いただけで判別できる「絶対音感」を身につけたいなら、8歳までにはピアノを習うといいですね。

メリット4:学校の合唱などで活躍できる

 

ピアノを習っていると、学校の合唱の時などで伴奏をする機会があります。

私も何度かみんなの前で伴奏をしたことがあります。

合唱で目立てるのが、指揮者か伴奏者

指揮者はだいたいクラスの人気ものですが、伴奏者はピアノが弾ける人だったらなれますね。

私でもできるぞ~

かすみ

メリット5:一生の趣味になる

演奏をしている仲間

ピアノの練習がイヤで、小学生の高学年の時にピアノをやめてしまったのですが、高校、大学の頃と趣味でピアノを弾いていました。

TVで流れている曲だったり、大好きなバンドの曲をピアノでアレンジしたり。

小さいころにピアノをある程度習っていると、簡単にできます。

そしてその趣味を生かして、作曲を始めました。

何かを創り出す、0から1にする、オリジナリティをだす。

そんな創作活動がピアノ1つでできちゃうんです。

 

自分で曲を作って、ピアノを弾きながら歌う、弾き語りもやりました。

その時ほど、ピアノを習っていて良かったなーと思ったことはありませんでした。

今でもピアノを弾くときがあります。

気持ちが落ち着いて、大好きな時間です。

メリット6:目標を達成する喜び・忍耐力が身につく

ふくた

ピアノって練習が大変そう・・・

ピアノの練習は、地道な作業の繰り返しです。

今でこそ、聞いたことある曲が簡単にアレンジされて、それを練習したりできますが、以前の本は弾いていて本当につまらない曲が多いです。

というのも、指の練習や音符の読み方に重点を置いているからです。

でも、ある程度弾けるようになると楽しくなります。

ただ、それでもだんだんと難しい曲を弾きこなしていくとなると、弾けないところを何度も何度も繰り返し。

それを毎日です。

ピアノは「1日休むと取り戻すのに3日かかる」と言われています。

いかに毎日繰り返しできるかが大切です。

ただそれって、ピアノに限ったことではないですよね。

勉強だって、サッカーだって、できないことをコツコツと毎日続けて、できるようになる。

これが出来るようになれば、ピアノに限らずいろいろなことを成し遂げられる子になります。

  • 毎日コツコツをやる力
  • 目標をつくって、達成する喜び
  • 諦めないで頑張る忍耐力

ピアノを学ぶことで、こういった大切なことを学ぶことができます。

ピアノを習うデメリット

次に、ピアノを習うデメリットを見てみます。

  • 親の拘束時間が長い
  • 毎日の練習が大変

親の拘束時間が長い

ため息をつくお母さん

ピアノを習うとき、教室によって違いますが、「グループレッスン」と「個人レッスン」があります。

  • グループレッスン・・・何人かの子たちと一緒に習う。60分程度。
  • 個人レッスン・・・先生とマンツーマンで習う。30分程度。

個人の教室ですと、先生とマンツーマンのところが多いですが、大手のヤマハさんなどは、小学校にあがるまでは「グループレッスン」がほとんどです。

なぜなら、小さいお子さんたちは、ピアノの前で長い時間座っているのが大変だからです。

他のお友達たちと歌をうたったり、体を動かしている方が、楽しいですよね。

時間も60分とたっぷりあります。

しかし、親の付き添いが必須であるところが多いです。

教室に行ってる間、ゆっくりしたいなぁ・・・

かすみ

また、小学生にあがって個人レッスンが始まり、親の付き添いは必要なくなっても、個人レッスンはグループレッスンより時間が短いです。

30分ほどのレッスン時間になるので、親が教室まで送迎をするとしたら、30分どこかで時間をつぶさないといけません。

家が近かったら一度家に帰れますが、何をするにも中途半端な時間・・・

すぐにお迎えの時間がきます。

買い物も行けないよぉ・・・

かすみ

毎日の練習が大変

ピアノを習うメリットのところでも書きましたが、ピアノは家で練習をしないとなかなか上手になりません。

週に一度のレッスンの日は、ピアノを練習するのではなく、練習した成果を先生にチェックしてもらいにいく日です。

ピアノを家で練習するには、できれば親が見ていてあげた方が早く上達します。

違う音を弾いていたり、指使いが間違っていたり、間違ったまま練習していることが多いからです。

ふくた

きちんとチェックしてあげるのが大事なんだね
注意すると怒るけど・・・

かすみ

毎日練習する子供も大変ですが、それを見守る大人の負担もあります。

関連記事

子供の習い事でピアノだけが減少している 子供の習い事でピアノのだけが減少している?!

まとめ:ピアノは子供の習い事として、おススメ!

 

今回のポイント

ピアノを習うメリット

  • 東大生の2人に1人はピアノを習っている
  • ピアノは脳を活性化する
  • 子供のころにピアノを習うと効果大
  • 学校の合唱などで活躍できる
  • 一生の趣味になる
  • 目標を達成する喜び・忍耐力が身につく

ピアノを習うデメリット

  • 親の拘束時間が長い
  • 毎日の練習が大変

子供の習い事で、ピアノはとてもおススメです。

大人になってからだと、ピアノを弾こうとしても簡単に習得するのが難しいし、一生の財産になるからです。

ただ、親の負担もありますし、子供の意思もありますので、よく考えてみてくださいね。

習い事で、ピアノをやろうかどうか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

では!

こちらの記事もおススメ

中古のピアノって大丈夫?実際に購入した体験談 中古のピアノって大丈夫?実際に購入して2年使ってみた感想 家にピアノがないけど、習いたい!電子ピアノでもOK? 家にピアノがないけど、習いたい!電子ピアノでOK?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です