【小学生低学年】読書「かいけつゾロリ」以外のオススメ本

低学年向けオススメの本

こんにちは!

かすみ(@nikisutakasumi)です。

本を好きな子になってもらいたくて、小さいころに読み聞かせは、ほぼ毎日してきました。

おかげで、本に対する興味はもっているし、絵本は好き。

でも、小学生にあがったので、

絵本以外の本を読んでいってほしい・・・

かすみ

「読解力」は、成績アップに欠かせない要素です。

本を読む習慣は、コツコツと毎日の積み重ねです。

高学年になると、勉強が難しくなり学力の差がでてきます。

子供が低学年のうちに「読書週間」をつけて、高学年になって勉強に困らないようにしましょう!

今回は、小学生低学年向けのオススメの本をご紹介します!

どれもうちの娘が大好きで、繰り返し読んでいる本です

かすみ

こんな人におススメ
  • 「絵本→本」に、スムーズに移行できる本が知りたい
  • 本が好きになって、自分からどんどん読んでいってほしい
  • 読書週間をつけたい

 

小学生低学年にオススメの本「かいかつゾロリ」

絵本から読書への第一歩として、有名な本が「かいけつゾロリ」です。

キツネのゾロリが繰り広げる、大冒険の物語です。

シリーズで67冊でているので、子供がハマってくれたら、67冊本を読んでくれますね。

大人気シリーズで、最近はアニメ化されましたね

かすみ

ふくた

アニメ化していると、本に親しみやすいよね

有名すぎる「かいけつゾロリ」ですが、

ゾロリ以外の本も読んで、読書の幅を広げましょう。

小学生低学年にオススメの本:探偵編

子供って謎解きが大好きです!

探偵ものの物語だったら、最後まで飽きずに読めること間違いなしです。

おしりたんてい

こちらもテレビアニメ化された、大人気シリーズです。

おしりの顔をした紳士「おしりたんてい」が、相棒「ブラウン」とともに、怪事件に挑みます。

ふくた

本のところどころに、迷路やクイズがあって面白い!
活字になれるための、はじめの1冊にオススメです

かすみ

 

キャベたまたんてい

おしりたんていが気に入ったら、「キャベたまたんてい」も好きになるハズ!

シリーズが多く、図書館で見つけやすいので、読みたい時にすぐ読めるのもオススメです。

おしりたんていよりも、迷路や間違い探しなどの遊びが少なく、多くの活字を読む練習ができます

かすみ

 

ぼくはめいたんてい

外国で書かれた児童書です。

主人公「ネート」は9歳の男の子。

ネートが身近な事件を解決していくのですが、その推理が意外と本格的です。

推理好きの子にオススメです

かすみ

 

小学生低学年にオススメの本:おばけ編

子供は怖いものみたさで、おばけものも大好きですね。

おばけずかん

こちらも最近テレビアニメ化されました。

どこか憎めないおばけたちが、たくさん登場します!

 

小学生低学年にオススメの本:男の子・女の子向け

男の子に大人気!「科学マンガサバイバル」

今年の夏に映画公開されている、「科学マンガサバイバル」シリーズです。

マンガサバイバルとあるように、こちらはマンガです。

とにかく男の子の人気がすごい。

世界で3000万部以上読まれています。

マンガで楽しく、科学や理科の知識を手に入れましょう!

 

女の子に大人気!「まじょ子」シリーズ・「ルルとララ」シリーズ

魔法を練習中の「まじょ子」が繰り広げる、ファンタジーなお話です。

35年間も発刊され続けた人気シリーズ。

図書館にいっぱいありますね。

女の子は魔法大好きなので、世界に入りやすいです

かすみ

挿絵も可愛いし、美味しそうなお菓子がいっぱい!

本に出てくるお菓子を、お母さんと一緒に手作りできるのがいいですね

かすみ

番外編

ふなっしーとフルーツ王国

ゆるキャラで一時代を築いた「ふなっしー」が大冒険するシリーズです。

路、クイズ、マンガがところどころに入っていて、飽きないで読めます。

うちの娘は大好きで、何度も繰り返し読んでいます。

娘が本好きになるキッカケを作ってくれました

かすみ

グレッグのダメ日記

娘が学校の図書室から選んできた本。

アメリカのごくごく普通の「グレッグ」という男の子が、「どうしてこうなるの~?」と頭を抱えてしまう、クスっと笑える話です。

全世界45の言語で翻訳され、累計2億部を突破している大人気シリーズ。

「ねぇ、ママ聞いてよ~」と、グレッグの失敗を笑いながら教えてくれます

かすみ

 

まとめ:本好きは一日にしてならず!いかに興味を持たせるかが大切。

娘には、本好きな子になってもらいたいと思ってきました。

そのためには、親の働きかけが必要です。

 

例えば、子供が好きそうなジャンルをチェックして、

読めそうな本を図書館から探してきたりしました。

それにハマってくれたら、次は

  • そのシリーズのもの
  • その本の作者が書いてる他の本

といったように、また図書館から借りてきました。

 

子供と一緒に図書館に行くのも良いですね。

「え?」という本をたまに選びますが、

自分で選んだ本なので、家で必ず手に取って読んでいます。

 

読書の習慣は、日々の積み重ねが大切です。

お子さんが、「おもしろい」と思える本に出会いますように!

☆こちらの記事もオススメ ☆
子供の頭が良くなる習い事!東大生は? 子供の頭が良くなるオススメの習い事は?東大生のデータから分析! 超時短!1週間の献立をたった5分で 【超時短】1週間の献立をたった5分で決める方法 家事を効率化! 子育て主婦は時間がない!家事を効率化してやりたいことをする方法