指原莉乃の顔変化はコチラ!

瀬尻稜語録まとめ!ゆる~くスケートボード解説!ごん攻め、びったびた等

2021年東京五輪のスケートボードの解説者、瀬尻稜さんのコメントがゆるくて面白いと話題になっています!

大人気の瀬尻稜さんのコメントをまとめ、わかりやすく日本語訳をしました!

瀬尻稜語録まとめ!

瀬尻稜さんの発言をまとめました!

瀬尻稜さんのコメントはだいたいが誉め言葉なのですが、独特な言葉を使っています。

「ごん攻め」「びったびた」など・・・

早速ご紹介しますね!

  1. ごん攻め
  2. びったびた
  3. かます
  4. 彼スケボーうまいっすね
  5. スケボーがのれのれな感じ
  6. 誉め言葉集

 ①ごん攻め

瀬尻稜語録ごん攻め

瀬尻:きのうの練習も見てたけど1人だけ、ごん攻めしてて。

解説:ごん攻めとは?

ごん攻めの解説

瀬尻:ごん攻めというのは、攻めてたっすね☆

でました!

瀬尻語録!

スケートボード女子の西村碧莉さんの様子を見て、「練習、ごん攻めしてた」と瀬尻稜さんの解説でした。

瀬尻稜さんの中で「ごん」は、「すごい」という意味なんでしょう。

西村碧莉さんが、練習ですごい攻めてたという意味ですね。

②びったびた

瀬尻稜語録びったびた

瀬尻稜語録びったびた

瀬尻稜さんは、よく「びったびた」という言葉を使います。

  • びったびたで回ってましたね
  • びったびたにはめていましたね!なんのずれもなく
  • 結構奇跡みたいな技がびったびたでてきました

「びったびた」とは、ぴったりとハマる言葉が思いつかないのですが、とにかく瀬尻稜さんは選手を褒めているということです!

③かます

瀬尻稜語かます

一番のメインセクションでかましてきましたね!

堀米雄斗さんが大技を決めた時の、瀬尻稜さんの誉め言葉です!

④彼スケボーうまいっすね

瀬尻稜語録

彼、スケボーうまいっすね

堀米雄斗さんが、大技を決めた時の瀬尻稜さんの言葉です。

堀米雄斗さんのプレーを見て、素直に「うまい!」と思った瀬尻稜さん。

思ったことをそのまま口にしています。

瀬尻稜語録

雄斗、おめでとう!

基本、瀬尻稜さんが名前を呼ぶ時は、呼び捨てですw

動画:堀米雄斗をべた褒めする瀬尻稜

堀米雄斗さんをべた褒めする瀬尻稜さん。

ゆるい解説の中にも、熱い心が伝わってきますね。

⑤スケボーがのれのれな感じ

瀬尻稜語のれのれ

瀬尻稜語のれのれ

スケボーの乗れ具合がほかの選手よりのれのれな感じがしてて

スケボーに上手く乗れている?という意味でしょうか。

瀬尻稜さん褒めていますw

⑥瀬尻稜の誉め言葉

瀬尻稜語

他にも、瀬尻稜さんの誉め言葉は多種多様に渡ります!

瀬尻稜の解説

  • やべー
  • スゲェ
  • 鬼ヤベェ!
  • 技の数は無限っすよ
  • はーーーんぱねぇ~~!!
  • やばい技ばっかっすよ。
  • すごいっす
  • いいっすねぇ
  • やばいっす
  • ハンパねぇ、やべぇー
  • やっばぁ~
  • おほほお~~

技が決まった瞬間に瀬尻稜さんが「やべー」とリアクションすると、聞いてる方も盛り上がりますよね。

番外編:真夏の大冒険

スケートボード女子、西矢椛選手の金メダルが確定したときの解説です。

13歳!真夏の大冒険~~~!!!

西矢椛が金メダル確定した時、真夏の大冒険とアナウンサーが絶叫

この名文句「真夏の大冒険」は、瀬尻稜さんが言ったのではなく一緒に実況をしていた、NHKのアナウンサーの方によるものです。

一瞬にして考えたのでしょうか?!

瀬尻稜さんに負けず劣らずのネーミングですよね!

真夏の大冒険はもちろんトレンド入りしました。

東京五輪のスケートボードは、NHKのアナウンサーと瀬尻稜さんの絶妙な解説が大人気でしたね。

おかげで、スケートボードの試合を楽しむことができました!

瀬尻稜の解説がゆるくて最高!

瀬尻稜さんの解説がゆるくて、とてもわかりやすい!と視聴者にとっても好評なんです!


瀬尻稜のプロフィール

瀬尻稜

瀬尻稜のプロフィール

  • 名前:瀬尻稜(せじり りょう)
  • 生年月日:1996年12月11日
  • 年齢:24歳(2021年7月現在)

瀬尻稜さんは、日本のスケートボードの先駆者と言われています。

まだスケートボードが日本で有名じゃなかった頃、日本人として海外の大会に出場、優勝を初めて飾ったのが、瀬尻稜さんでした。

スケートボードを始めたのは幼稚園の頃

瀬尻稜

瀬尻稜さんがスケートボードを始めたのは、サーファーのお父さんがきっかけでした。

お父さんにスケートボードをもらい、幼稚園の頃から練習し始めます。

お父さんの熱血指導により、瀬尻稜さんは11歳の時「日本スケートボード協会のプロクラスグランドチャンピオン」を最年少で獲得しました。

その後、海外の大会に出場するようになった瀬尻稜さん。

2013年に17歳でワールドカップで日本人初の優勝を果たします。

瀬尻稜さんはその後も活躍を続け、世界大会で5度優勝を飾っています。

  • 8歳で全日本アマチュア選手権優勝
  • 9歳でプロ昇格 国内で3年以上無敗
  • 国際大会で3連勝
  • 世界大会5連覇
  • 後進の育成のために18歳で引退
  • オリンピックは興味がなかったので辞退

瀬尻稜さん、スゴイ方だったんですね!

西矢椛 西矢椛の家族は父母兄の4人!出身中学小学校は?プロフィールと読み方も紹介!