指原莉乃の顔変化はコチラ!

真犯人フラグ考察!犯人は真帆の3つの理由!名前とゴーンガール、ヴィヨンの妻が怪しい!

真犯人フラグが始まりましたね!

仲が良かった家族がいきなり失踪してしまう物語ですが、犯人は一体誰なのでしょうか。

気になる真犯人フラグの犯人ですが、宮沢りえさん演じる相良真帆さんだと考察しました。

今回は、真犯人フラグの犯人が相良真帆さんである理由をご紹介します!

真犯人フラグ考察!犯人は真帆の3つの理由!

  1. タイトルがすでにネタバレ
  2. ゴーンガールの伏線
  3. ヴィヨンの妻のキーホルダー

①タイトルがすでにネタバレ

真犯人フラグというタイトルが、既に犯人が相良真帆であることをネタバレしています。

真犯人フラッグ(帆)

→真犯人帆

→犯人真帆

と、宮沢りえさんが演じる「相良真帆」さんが犯人だと、既に匂わせているんですね。

あなたの番ですでも、このような犯人ネタバレがありました。

西野七瀬さん演じる「黒島沙和」さんが犯人だったのですが、

黒島沙和のプロフィールを縦読みすると「黒このこだよ」と、黒島沙和が犯人であるとネタバレしていたんですね。

さすがに真犯人フラグでは、このようなネタバレはないとは思いますが、

製作スタッフさんが同じことから、真犯人フラッグ説はもしかしてアリ・・・と考察しました。

②ゴーンガールの伏線

真犯人フラグ2話の刑事の話

真犯人フラグの第2話で、刑事が

デヴィット・フィンチャーの映画って大体こんな感じで始まりますよね

と話すくだりがありました。

場面は2話の一番最初、相良凌介の元へ男の子の〇体が届き、警察が駆け付けたシーンです。

そこで警官が「デヴィット・フィンチャーの映画始まり」を言い出したんですね。

「デヴィット・フィンチャー」とは、アメリカの映画監督です。

長編映画の作品は11あります。

エイリアン3 Alien3 (1992年)
セブン Seven (1995年)
ゲーム The Game (1997年)
ファイト・クラブ Fight Club (1999年)
パニック・ルーム Panic Room (2002年)
ゾディアック Zodiac (2007年)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button (2008年)
ソーシャル・ネットワーク The Social Network (2010年)
ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo (2011年)
ゴーン・ガール Gone Girl (2014年)
Mank/マンク Mank (2020年)

見て頂ければわかるように、デヴィット・フィンチャーさんが手がけた映画は、エイリアンやセブンなど、猟奇〇人ばかりを取り扱っていません。

ではなぜ、警官は「デヴィット・フィンチャー」の名前を出したのか。

それは、「ゴーン・ガール」があったからです。

真犯人フラグは、ゴーンガールとストーリーがとても似ているんです。

ゴーン・ガールのあらすじ(ネタバレあり)

 

旦那ニックと妻エイミーの間の事件。

妻のエイミーが失踪し、ニックが良い旦那として妻を捜索

メディアはニックが犯人という扱いだった。

しかし、エイミーは自分で家を出て行っていた。

良い旦那と思われていたニックの浮気や問題が発覚し、実は旦那のニックが問題で妻が出て行っていたという物語。

ざっくりとゴーンガールのあらすじを見ましたが、今のところ真犯人フラグとソックリですよね。

真犯人フラグとゴーンガールの似ているところ

  • 妻が失踪
  • 旦那は良い人という最初の設定
  • メディアは旦那を犯人扱い

真犯人フラグがゴーンガールのようなストーリーになるとしたら、

  • 妻の真帆は自分で家を出て行った
  • 良い人と思われていた相良凌介に何か問題があった

という流れになると考察できます。

ということで、真帆が自分で家を出て行って、真犯人フラグの黒幕なのでは?という考察でした。

③ヴィヨンの妻のキーホルダー

相良凌介が持っていたヴィヨンの妻のキーホルダー

ヴィヨンの妻の作者は太宰治さん。

ヴィヨンの妻のあらすじ

 

詩人·大谷は外を飲み歩き何日も家に帰らないことが多く借金を重ね、その妻である「私」(さっちゃん)と幼い子供に貧乏暮らしをさせていた。

ヴィヨンの妻でも、真犯人フラグと似ているところがあります。

  • 詩人・大谷→相良凌介は小説を書くぐらい文才がある

ヴィヨンの妻は、放蕩夫とそれを支える妻の物語です。

私たちが見ている人の良い相良凌介には、何か裏があるかもしれませんね。

ヴィヨンの妻の男性と同じだとしたら、相良凌介は

  • 酒を飲み歩き、借金を抱える
  • 不倫をして妻と別れようとしている

という、とんでもない男という設定になります!

そして、ヴィヨンの妻は、妻目線の物語であり、真犯人フラグも実は妻の真帆目線の物語にいつか変わるときがくるかもしれません!

真犯人フラグ犯人考察まとめ!

真犯人フラグは、今のところ相良凌介目線で語られていますが、

後半は真帆目線で語られるかもしれません。

すごい良い人として描かれている相良凌介は、実は酒癖が悪く浮気もしていた。

そして、真帆が愛想をつかし家から出て行ったのではないか、と考察します。

error: Content is protected !!
×