夜型の私が最高の眠りを手に入るためにやった5つのこと

最高の眠りを手に入れる5つの方法

こんにちは!
かすみ(@nikisutakasumi)です。

  • 早く寝たいのに「布団に入ってもなかなか眠れない」
  • 朝起きて、眠くてぼーっとしている

こんな経験ありませんか?

まさに私がそうだったのです。

寝つけないときは、横になりながらスマホを片手に眠くなるまで待っていました

かすみ

ダラダラYouTubeを見たりしてたんです。

かわいい猫ちゃんの動画とかね、とまらないんですよ

かすみ

そんな私が、今は「夜9時に寝て、朝4時に起きる」という、前じゃ考えられない生活を送っています。

今までの人生、朝4時に起きたことなんて数回しかなかったのに、最近ではタイマーをつけなくても自然と目が覚めます。

今回は、私がどうやって「早寝早起き」を習慣化したか、ご紹介します!

今から紹介する方法をマネしてもらうだけで、早寝早起き習慣が簡単に身につけられますよ。

こんな人におススメ
  • 布団に入ってすぐ眠りたい
  • 朝早起きして、朝活にチャレンジしたい
  • 早寝早起きがしたい

夜ぐっすり眠るためにすること

早寝早起きをするためには、夜ぐっすりと眠る「質の良い睡眠」をとることが大切です。

朝すっきりと起きるためには、夜の過ごし方がポイントです。

1:寝室では、スマホ厳禁

私がよくやってたことですね・・・

かすみ

なかなか寝つけないと、つい見てしまうスマホ。

スマホが発するブルーライトは脳を興奮させる効果があるので、寝る前には見ないようにしましょう。

特に、YouTube。

時間だけが、ダラダラと過ぎてしまうので、要注意です!

あっという間に2時間過ぎます

かすみ

また、脳に「寝室は寝るところ」と認識させるために、寝つけないときは、一度寝室から出るというのも手です。

人によっては、スマホを寝室に持ち込まないというのをやってます。

私は、地震が来たときとか緊急の時のために、スマホをそばに置いて寝ています

かすみ

2:夜寝る前は、脳が興奮することをしない

脳の寝る準備をするために、できるだけリラックスして過ごします。

ゆっくり読書したり、子供に読み聞かせをしたり、とにかく「ゆっくり」を心がけてください。

テレビやスマホは、心がゆったりなれるものだったらOKです。

私は大好きなドラマを寝る前に見たら、興奮して眠れなかったので、そういうのはダメです・・

かすみ

3:お風呂は寝る90分前までに入る

お風呂に入ってから、すぐ寝ようとしても、なかなか寝つけないことありませんか?

お風呂に入って、体があたたまると、脳も体も寝る準備ができていないためです。

人は「体の内部の体温」が下がると、眠気がきます。

ふくた

雪山で遭難したときに、眠気がくる、アレだね

一度あたたまった体の内部の体温が下がるのが、90分後です。

寝る90分前にお風呂を出られるのが一番なのですが、毎回そうもいかないですよね。

ならばせめて、寝る前の90分前までに、お風呂を済ませてしまいましょう!

早い分には問題なしです

かすみ

4:寝室の明かりは真っ暗にする

私は今まで、「豆電球」をつけて寝ていました。

地震などの緊急事態の時に、すぐに何がどこにあるか見えるようにです。

でも、これを読んでから、豆電球は消すようにしました!

「夜間の豆電球程度の明かりが、肥満や脂質代謝異常のリスクも増やす」

というユニークな発表もある。

引用:スタンフォード式最高の睡眠

豆電球の明かりが、肥満につながるなんて!

真っ暗な部屋で寝るようにしましたが、困ることは一度もおこっていません。

むしろ、すっきりと寝られるようになりました

かすみ

5:起きる時間と寝る時間を固定する

起きる時間と寝る時間を毎日同じにして、体に覚えこませます。

そうすると、朝タイマーをかけていなくても自然と起きられるようになります。

まずは、朝早く起きてみましょう。

人は、14~16時間たつと、自然と眠くなるようになっています。

その後、

夜早い時間に寝る

朝早く起きる

このサイクルができれば、成功です!

朝早く起きるので、夜は自然と眠くなり、布団に入った瞬間に眠ることができます。

1時間ぐらいのズレは問題ないので、試してみてくださいね

かすみ

朝は脳を起こす習慣をする

しっかり寝た後は、脳を起こす行動が大切です。

朝ぼーっとしないための方法をご紹介します!

窓を開けて、光をあびる

光は脳を起こしてくれます。

まず起きたら、窓を開けてみましょう。

曇っていても、窓を開けてみるのがオススメです。

私が起きる時間は、まだ空は真っ暗です。

なので、廊下の電気をつけて目を覚まします。

その後、作業する部屋の窓の雨戸をあけて、自然と光が入ってくるようにしています。

かすみ

水で顔を洗う

眠っている時は、体温が上がっている状態なので、体を冷やしてあげましょう。

朝お風呂に入る人もいますが、朝のお風呂は体温をあげるため、オススメしません。

朝はシャワーがオススメです。

うちは夜にお風呂を掃除します。

シャワーをすることによって、お風呂場が汚れてしまうのがイヤなので、朝は冷たい水で顔を洗うだけにしています

かすみ

コーヒーを飲んで、脳をおこす

適度なカフェインは健康に良いとされています。

朝、コーヒーを飲んで、すっきりと脳を起こしましょう。

ただし、コーヒーは飲みすぎには注意です。

欧州食品安全期間(EFSA)によると、コーヒーは一日400mlまでが安全とされているので、朝から飲みすぎないようにしましょう。

私は子供用のコップでコーヒーを飲んでいます。

そうすることで、満足感が得られますし、一日に何度か飲みたくなったときに、飲みすぎてしまうことを防ぎます。

かすみ

まとめ:夜ぐっすり寝るためには、準備が必要!習慣化できるようにしよう!

今回のポイント

夜ぐっすり眠るためにすること
・寝室では、スマホ厳禁
・夜寝る前は、脳が興奮することをしない
・お風呂は寝る90分前までに入る
・寝室の明かりは真っ暗にする
・起きる時間と寝る時間を固定する
朝は脳を起こす習慣をする
・窓を開けて、光をあびる
・水で顔を洗う
・コーヒーを飲んで、脳をおこす

いかがだったでしょうか?

夜寝られないのって、なかなかのストレスじゃないですか?

  • 早く寝たいのに、ダラダラしてしまう・・・
  • 時間がムダに過ぎていく・・・ 

この罪悪感ったら、なかったです。

いてもたってもいられず、本屋に立ち寄ったときにこの本を見つけて、すぐに買いました。

この本に書いてあることを実践したら、早寝早起きが毎日できるようになりました!

朝もすっきり目覚められるため、目標だった「朝活」を続けています。

夜なかなか眠れない人は、是非読んでみてくださいね!

では!

☆こちらの記事もオススメ ☆
超時短!1週間の献立をたった5分で 【超時短】1週間の献立をたった5分で決める方法 家事を効率化! 子育て主婦は時間がない!家事を効率化してやりたいことをする方法 本好きな子になる方法 本好きな子供になる方法!読書を習慣化しよう!