スーパーの買い物時間を効率化!節約とコロナ対策も

スーパーの滞在時間を効率化!コロナ対策も

こんにちは!

かすみ(@nikisutakasumi)です。

スーパーの滞在時間はどれくらい?

かすみ

 

ふくた

おかしコーナーであれこれ迷って、時間かかるんだよな~

スーパーの滞在時間を減らすと、こんな効果があります。

  • お金がたまる
  • 自由な時間が増える

コロナウィルス感染防止のためにも、今は滞在時間をできるだけ減らしたいですよね。

そこで今回は、

「スーパーの滞在時間をできるだけ減らす方法」をご紹介します!

スーパーの滞在時間を減らす方法

早速、スーパーで過ごす時間をいかに少なくするか、見ていきましょう!

大切なのは、事前準備です。

買い物メモを用意する

買い物から帰って、「あ、あれ買い忘れた!」という経験はありませんか?

そうすると、忘れたものだけを買いに行ったり、次の買い物に忘れないよう覚えていなければなりません。

買い物をメモを用意すれば、何を買えばいいのか一目でわかります。

 

また、買い物をしていると、あれもこれも目移りして、ついつい買ってしまうもの。

買い物メモがあれば、余計なものを買わずにすむので、節約効果もあります。

 

ちなみに私は、スマホのメモ機能を利用しています。

「今度買っておかないと」って思ったものがあったら、すぐにメモに入力します。

それと、買い物に行くときに冷蔵庫の在庫をみて、足りないものをチェックします。

最後に、1週間分の献立をみて、買うものも入力しておきます。

スーパーでは、メモを片手に買い物します。

メモのおかげで買い忘れなしです!

かすみ

買い物かごを用意する

エコバッグではなく、「マイかご」がオススメです!

マイかごには、こんな良いところがあります。

  • 買ったものを、詰め替えなくていい
  • 汚れたら、ササっとふくだけ

エコバッグだと、レジでお会計をしたあと、会計済みのかごからエコバッグにつめかえしないといけません。

マイかごは、レジの人が商品を直接マイかごに入れてくれるので、お会計をしたらそのまま帰れます。

ふくた

つめかえの手間がないんだね

 

また、冷凍のものや野菜を買ったとき、商品を入れておくものに、水滴がついて汚れてしまいます。

バッグだと洗わないといけませんが、カゴだったら、ささっと拭けばOK!

お手入れも楽ちんです。

カゴは1つ300円でしたが、手間暇を考えると十分に元がとれてると思います

かすみ

広告はあえてチェックしない

ふくた

安いものをチェックした方がいいんじゃないの?

新聞の折り込み広告をチェックしていると、

「〇日は肉が安い、△日は魚が安い」

「洗剤はこの薬局が安い」

といった情報の嵐です。

ふくた

あそこも、ここも行かないと~

安いものを買えるのはいいことですが、それが目的にならないでほしいのです。

買いに行くまでの時間、お会計をする時間。

毎日スーパーをはしごするほど、時間のムダはないです。

大切な時間を使って買えるのは、たかだか数十円、数百円です。

数十円、数百円のために、大切な時間を使わないように、目先の広告にまどわされないようにしましょう。

レジの支払い方法をチェック

支払い方法も大切です。

一番早くて、コロナの感染対策に良いのは「スマホ決済」です。

レジの人と手の接触がなく、安心かつスピーディーです。

 

次にオススメなのは、支払いだけが独立しているレジです。

商品をスキャンしてもらった後、「お会計はあちらでお願いします」、というシステムのところです。

お金の支払いをするのは機械でやりますので、レジの流れは速くなります。

 

一番遅いところが、従来どおりのレジです。

商品をスキャンして、お支払いもレジの人に渡すパターンですね。

今はコロナ対策で、レジの列も距離をとって並んでいます。

そのためか、レジの人にお金を支払うシステムは、体感的にレジの流れがとても遅く感じます。

かすみ

 

ちなみに、セルフレジはどうでしょう。

ふくた

セルフレジは、気をつかわなくていいよね~

ただ、商品をスキャンするスピードが、レジ担当の人と比べると絶対的に遅いので、オススメできません。

ふくた

商品の「ピっ」てするところを、いつも探しちゃうんだよね~
買うものが少なかったり、列が空いてる時は、オススメです

かすみ

空いている時間を狙う

オススメは、お昼すぎの14時~16時の間です。

朝一番と、お昼前、夕飯前は混みます。

お店が混んでると、移動やレジで時間がかかります。

また、コロナの感染リスクも高まりますね。

できるだけ、ストレスフリーの時間帯を選びましょう。

常連のスーパーに通う

はじめていくスーパーは、何がどこにあるのか探す手間があります。

時間がかかってしまうので、行きなれた常連のスーパーに通うことをオススメします。

また、行きなれたスーパーだと、良く買う商品の価格を覚えてきます。

  • 「この間より安いから、買おう」
  • 「この間より高いから、今回はやめておこう」

こういった判断ができるようになります。

買い物は週に1回だけにする

買い物へいく回数が多いと、買い物に使っている時間が増えることは間違いないです。

1週間分の献立と、買い物メモで、買い物へ行く回数を減らしましょう。

オススメは、野菜などの生鮮品を痛めずに使い切れる、一週間に1回です。

 

まとめ:スーパーの滞在時間を減らして、お金と時間を手に入れよう!

今回のポイント

スーパーの滞在時間を減らす方法
・買い物メモを用意する
・買い物かごを用意する
・レジの支払い方法をチェック
・空いている時間を狙う
・常連のスーパーに通う
・買い物は週に1回だけにする
・広告はあえてチェックしない

いかがだったでしょうか?

毎回の買い物の時間を減らすだけで、

  • お金の節約になる
  • 自由な時間が手に入れられる

のであれば、やらない手はないですよね!

是非皆さんも試してみてくださいね。

では!

☆こちらの記事もオススメ ☆

家事を効率化! 子育て主婦は時間がない!家事を効率化してやりたいことをする方法 子供の頭が良くなる習い事!東大生は? 子供の頭が良くなるオススメの習い事は?東大生のデータから分析! 習い事をやめる時、お礼は必要? 子供が習い事をやめる時、いつどうって言う?お礼はいる?