2022年最新の美容グッズはコチラ!

角田佳陽容疑者が自宅で75歳の母親を殺害!事件の動機や自宅の場所は?名古屋市中村区

名古屋市中村区の住宅で75歳の母親を殺害したとして、角田佳陽(つのだよしあき)容疑者が逮捕されました。

事件が発覚したのは、8月23日午前10時半頃。

殺害されたのは、角田佳陽容疑者の母の角田光子(つのだみつこ)さん

角田光子さんの介護に訪れたヘルパーの女性が寝室のベッドで亡くなっている姿を発見した模様。

この記事では、角田佳陽容疑者と母である角田光子さんの間に何が起こったのか?徹底調査しました。

角田佳陽容疑者が起こした事件の概要

逮捕されたのは名古屋市中村区稲葉地町の会社員・角田佳陽容疑者(46)で、23日午前4時半ごろ、同居する母親の光子さん(75)を自宅で殺害した疑いが持たれています。  光子さんは23日午前10時半ごろ、1階の寝室で倒れ死亡しているのを自宅を訪れたヘルパーの女性に発見されていて、警察が現場の状況から事件の可能性があるとみて捜査していました。

角田容疑者と光子さんは2人暮らしで、警察は行方が分からなくなっていた角田容疑者を長野県内で発見し任意で事情をきいていました。

調べに対し角田容疑者は容疑を認めていて、警察が殺害に至った経緯などを調べています。

引用:yahooニュース

母親の光子さんは1階の寝室で倒れ死亡しているのをヘルパーの女性が発見

なんと母親の光子さんが死亡している状態で見つかった際、角田佳陽容疑者は行方がわからなくなっていたとのこと。

事件を起こしてしまったため逃げようとしたのでしょうか?

そして自宅がある名古屋市ではなく長野県内で発見され警察に任意で事情を聞かれ逮捕に至った模様。

角田佳陽容疑者は殺害したことを認めている様子

まずは角田佳陽容疑者のプロフィールやSNSはあるのか調べてみました。

角田佳陽容疑者のプロフィールやSNSは?

  • 名前:角田佳陽(つのだよしあき)
  • 年齢:46歳
  • 住所:名古屋市中村区稲葉地町
  • 職業:会社員

角田佳陽容疑者はSNSをやっているのでしょうか?

引用:Facebook

フェイスブック(Facebook)とツイッター(Twitter)を調べましたが、角田佳陽容疑者のものと思われるアカウントは特定できませんでした。

同様にインスタグラム(Instagram)も調査しました!

引用:Instagram

すると何件か同姓同名のアカウントが存在したのですが、こちらも本人のものか特定は難しい状況です。

分かり次第追記していきます。

事件が起きた自宅の場所は?

事件が起きたのは愛知県名古屋市中村区稲葉地町です。

実際調べたところJR名古屋駅から4kmほどの場所にあり車で10分ほどの場所のようです。

自宅の写真が出ていましたが、母親と息子2人で暮らすには大きすぎる2階建ての一軒家です。

角田佳陽容疑者は会社員ということで仕事をしており、殺害された母の光子さんはヘルパーを自宅に呼んでいました。

角田佳陽容疑者は収入が良かったのではないでしょうか?

人通りの少なそうな閑静な住宅街の中の1軒屋でおきた今回の殺人事件。

実家で母親と二人暮らしとなると角田佳陽容疑者は独身である可能性が高そうです。

もしくは過去に結婚していて現在は離婚してしまったということも考えられますね。

角田佳陽容疑者の事件の動機は!?

光子さんと角田容疑者は2人暮らしで、家を訪れたヘルパーの女性が寝室のベッドで死亡している光子さんを発見したということです。

角田容疑者は「殺したことは事実です」と容疑を認めています。  角田容疑者は所在が分からなくなっていましたが、警察が長野県内で角田容疑者を見つけ、23日午後11時半ごろに逮捕しました。

引用:yahooニュース

角田佳陽容疑者は「殺したことは事実です」と容疑を認めている模様。

亡くなった母親の角田光子さんを発見したのは、自宅を訪れたヘルパーの女性とのことです。

恐らく角田光子さんは日頃から介護が必要な状態だったことが考えられます。

角田佳陽容疑者が母親である光子さんを殺害した動機はまだ不確定ではありますが、介護が大変だったのではないか?とも推測されます。

角田佳陽容疑者の殺害の動機は、分かり次第更新していきます。

追記:司法解剖の結果、角田光子さんの死因は首を絞められたことによる窒息死と分かりました。

角田佳陽容疑者に対する世間の反応は?

引用:Twitter

介護は終わりがないし、在宅介護は限界があると思う。 ヘルパーやデイケアを利用しても認定によるが毎日利用は難しいし、24時間体制でもない。通院や自宅でのケアは自身が行う分負担は大きい。 この方は何年間介護を続けてきたのだろう。 地域差はあるが特養に入れれば15万程度だが、有料老人ホームは少なくとも25万くらいはかかる。特養は入居待ちも多く簡単に入れない。25万は年金だけでは足りない。 今後少子高齢化、高齢出産によるヤングケアラーが増え、益々こういう事件が増えそうだ。

75歳の親を46歳の子どもが介護するって相当な負担だと思います。3年もすれば2025年問題でこういうケースがどんどん増えてくるでしょう。施設へ入居なんていうのも、人数に対して数が足りないと思いますし、ケアヘルパーさんらも人数が既に足りていないわけだから支援を必要としてもまともに受けられないのではなかろうか…共倒れだよね。介護を理由に職を離れ、社会からも少しの間離れたりで孤立する人も増えていく。40代後半になる方はここから先大変ですよね。親の長寿を願うあまり足元をすくわれてもね…70代の父親が2人(私の親と夫の親)いますが、今から介護を考えると、ため息しかすでに出ない…財産なんて残す前に、土地と家を売りに出してそのお金とか全て使っていいからしかるべき施設へ入所してくれ…って既に思う。

母親を1人で介護する息子さん多いですね。 ヘルパーさんも普段の様子から、すぐ察知がついたのかも 同居する息子の虐待が一番多い。 こうなる前に、施設に入居していれば良かったと思います。 まあ経済的な理由や本人が拒否してたのなら別ですが… お母さん気の毒だけど 息子さんもどうにもならない程、疲弊してたのかな。。

引用:yahooニュース

このように、世間の角田佳陽容疑者に対する声は介護が大変だったのではないか?という声が大変多くみられました。

46歳である角田佳陽容疑者が会社員の仕事をしながら日々、75歳である光子さんを介護するのは相当大変だったのではないでしょうか?

実の息子が実の母親の首を絞めて殺害してしまうだなんて悲しいことです。

介護が大変で子供が親を殺してしまうニュースは最近よくありますが、どんな理由であれ殺人は犯罪です。

このような事件がなくなる日は来るのでしょうか?

error: Content is protected !!