山田真貴子の経歴は総務省のエリート官僚!若い頃やNHKに恫喝疑惑も調査!

美人内閣広報官と言われている、山田真貴子さん。

見た目はおっとりと優しそうなイメージですが、

  • NHKに恫喝(どうかつ)電話をかけた
  • 裏の顔がある

など、様々な噂があります。

今回は、山田真貴子さんの経歴を紹介するとともに、NHKに対する恫喝電話の真相、裏の顔なども調べてみました。

山田真貴子のプロフィール

山田真貴子

山田真貴子のプロフィール

  • 名前:山田真貴子
  • 生年月日:1960年9月13日
  • 年齢:60歳
  • 出身:東京都
  • 出身校:早稲田大学 法学部
  • 現職:内閣広報官

山田真貴子さんの実家は、早稲田大学から徒歩15分ほどのところにあるそうです。

早稲田大学は、東京都新宿区の一等地ですね。

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目6−1

山田真貴子さんの実家はお金持ちだったんでしょう。

国家公務員を目指すきっかけは父

というのも、山田真貴子さんの父は「国家公務員」だったそうです。

山田真貴子さんが大学3年の頃に父が他界してしまうのですが、その時父の同僚と話たときに「国家公務員」の仕事のやりがいを感じ、国家公務員を目指そうと思ったそうです。

山田真貴子さんが国家公務員を目指すきっかけは、父の存在があったんですね。

山田真貴子の経歴は総務省のエリート官僚!

山田真貴子さんは、早稲田大学を卒業後、1984年4月に郵政省に入省します。

郵政省からイギリス留学、夫との出会い

山田真貴子

その後、通信政策局国際企画課に配属され、日米交渉に関わる国際的な仕事の担当になります。

入省してすぐに、日米貿易交渉の仕事に関わる機会がありました。

その内容がとても刺激的でした。

国際関係の一翼を担っているという緊張感、終わったときの達成感、人とのつながり…社会人の最初にあんな貴重な経験をさせていただいたことが、今につながる原点になっていると思います。

引用:早稲田ウィークリー

そして、1987年にはイギリスのロンドン大学へ留学しています。

  • 1990年 下田郵便局長
  • 1991年 郵政省貯金局営業課長課課補佐
  • 1992年 郵政省大臣官房文書課課長補佐
  • 1999年 文部省学術国際局学術情報課

その後、下田郵便局長を経て、郵政省や文部省を経験します。

夫の吉田博史さんとは、郵政省の大臣官房の部署が同じでした。

その頃に恋愛に発展したのかもしれませんね。

吉田博史 山田真貴子の夫は吉田博史!総務省の官僚で東大卒!経歴と評判も調査!

世田谷区副区長を経験

山田真貴子さんは、2004年2月~出向して世田谷区で働きます。

そこでは、女性の目線で

  • 保育園待機児童問題
  • 子供の虐待問題

などを推進しました。

山田真貴子さんの世田谷区での評判は良かったようです。

女性初の内閣総理大臣秘書官へ

安倍総理と山田真貴子

山田真貴子さんは、仕事の能力が評価され、2013年に女性で初めての内閣総理大臣秘書官に抜擢されます。

総理大臣秘書官はとても激務で、休日の時も仕事に追われていたそうです。

お風呂場の外に携帯電話を置いておくほどだったそうです。

山田真貴子の仕事内容

引用:総務省パンフレット

そしてこの後も、山田真貴子さんは数々の「女性初」の役職を経験していきます。

  • 2015年7月31日 総務省情報通信国際戦略局長(女性初の総務省局長
  • 2016年6月17日 総務省大臣官房長 (全省庁初の女性官房長
  • 2019年7月5日 総務審議官 (女性初の総務審議官
  • 2020年9月16日 内閣広報官 (女性初の内閣広報官

山田真貴子と菅総理

山田真貴子さんは、2021年2月現在、菅内閣の内閣広報官として、首相会見の司会、仕切り役をしています。
山田真貴子が接待された店名は「さざんか」?横並びで鉄板焼きが虎ノ門で食べられる!

山田真貴子の若い頃は美人?

山田真貴子さんは美人と言われていますが、若い頃も気になりますよね。

調べてみると、山田真貴子さんの若い頃の写真がありました。

山田真貴子の若い頃

こちらの写真は、山田真貴子さんが2004年に世田谷区助役として働いていた頃の写真です。

山田真貴子さん、目がくりくりして美人ですね。

山田真貴子さんが44歳の時です。

山田真貴子はNHKを恫喝した?

山田真貴子

2020年10月27日、山田真貴子さんはNHKにクレームの電話をしたと噂されています。

報道の内容によれば、菅総理がNHKに生出演した際に、打ち合わせと違う内容を放送したからだそうです。

放送内容にクレームを出すことは異例だったそうで、NHK局内は騒然としたそうです。

10月26日夜のNHK『ニュースウオッチ9』に菅総理が生出演。終わり際、日本学術会議任命問題について何度も質問され、露骨に不愉快そうな表情を浮かべた一幕である。

その翌日、報道局に一本の電話がかかってきた。

「総理、怒っていますよ」「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」

電話の主は、山田真貴子内閣広報官。お叱りを受けたのは、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長だったという。

この件は理事のあいだでも問題となり、局内は騒然となりました。総理が国会初日に生出演するだけでも十分異例。そのうえ内容にまで堂々と口を出すとは、安倍政権のときより強烈です」(NHK幹部職員)

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77200?imp=0

仕事がとてもできると評判の山田真貴子さんですが、「裏の顔」があるという報道もあります。

山田氏はさばけた感じで仕事は的確で抜群にできますよ。

表の顔はとても好感がもてます。

一方、政治家のいうことも忠実に聞きますね。

だから、NHKなどテレビ局に電話をかけたりして、圧力めいた話もするんでしょう。

今回のように7万円の接待も受ける裏の顔がある。

表裏をうまく使いわける、ザ・官僚という人

引用:gooニュース

NHKへの恫喝電話はあくまで疑惑ですが、山田真貴子さんには官僚としての顔がありそうですね。