指原莉乃の顔変化はコチラ!

YOASOBI「夜に駆ける」がyoutubeから制限!理由は歌詞&MV映像?

2021年5月30日現在、YOASOBIの大ヒット曲「夜に駆ける」のMVが、youtubeで制限がかかっている状態になっています。

なぜ、夜に駆けるのMVに制限がかかってしまったのでしょうか?

今回は、YOASOBIの代表作「夜に駆ける」のMVに制限がかかってしまった理由を調べてみました。

YOASOBI「夜に駆ける」がyoutubeから制限!

こちらがYOASOBIの「夜に駆ける」のMVです。

2021年5月30日、Youtubeから制限がかけられていて、視聴するのに「理解した上で続行する」というボタンを押さなくてはいけません。

ヨアソビの夜に駆けるのMVに制限がかかってる画像

2021年5月31日の変更点

2021年5月31日には、

  • 夜に駆けるの動画→ジャケットの絵のみになる
  • コメント欄が閉鎖

といった変更がなされていました。

もともと、夜に駆けるはちゃんとしたアニメーションが作られていました。

しかし、5月31日にはその動画がジャケットの静止画のみになっています。

また、コメント欄がオフになっていて、コメントが出来ない状態に変更されました

YOASOBI「夜に駆ける」にyoutubeから制限された理由は?

再生回数2億回を達成していた大人気曲「夜に駆ける」は、なぜ制限をかけられてしまったのでしょうか?

理由①心中を想起させる歌詞

夜に駆けるのジャケット

「夜に駆ける」は、小説『タナトスの誘惑』を元に作られた楽曲です。

タナトスの誘惑は、どういう物語かというと

主人公と、主人公が好きになった女性が心中する物語なんです。

現に、「夜に駆ける」では、心中を想起させるような歌詞が出てきます。

夜に駆けるの歌詞の一部

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる

歌詞の中で「終わり」という言葉が良く出てきますね。

これだけ見るとなんのこっちゃですが、心中の物語を元にしていると知った上で改めて歌詞を読むと、ちょっとゾっとしますね。

理由②夜に駆けるのMVも心中を想起させる

夜に駆けるのMV

夜に駆けるのMVでは、映像でも心中を想起させるような描写がありました。

2021年5月31日現在では、映像が曲の静止画に変更されました。

映像の描写も制限の対象になるとYOASOBI側が思ったからでしょう

理由③人気すぎて影響を考えたから?

YOASOBI

YOASOBIの「夜に駆ける」は、もともと人気がある曲でしたが、爆発的に人気になったのは、2020年の紅白歌合戦でした。

これを機に、「夜を駆ける」は一気に日本中に認知されるようになり、ネット世代の若い人たちだけでなく、小さい子供も口ずさむようになりました。

あまりに人気になりすぎたため、YOASOBIの影響力が考慮されたのでしょう。

楽曲が発表されたのが2019年12月14日ですから、約2年後に規制がかかったのもそのためですね。

YOASOBIがネットだけの人気で終わっていたなら、規制はかからなかったのかもしれません。

Youtube「夜に駆ける」の制限にYOASOBIの対応は?

ヨアソビのTwitter

今回の「夜に駆ける」のYoutube規制について、YOASOBIの公式Twitterでは

「Googleさんと話し合い中」とツイートしています。

(YoutubeはGoogleの傘下です)

今後、Googleがどんな判断をするのか、分かり次第追記します。

Youtube「夜に駆ける」の歌詞の意味を知らなかったとの声も

ネットでは、「夜に駆ける」の制限がかけられたことに驚きの声があがっています。

というのも、楽曲自体は有名でしっていたけれど、歌詞の意味まで深く考えたことがなく、心中のことを歌っているとは思わなかったという人が多くいたからです。

幾田リラちゃんが軽快に歌っている曲がまさか・・・と思いますよね。

幾田りら 【2020年最新】幾田りら(ikura)の身長と体重!年齢は?YOASOBIのボーカルで話題