指原莉乃の顔変化はコチラ!

【干物グラビア】吉野七宝実の経歴!釣りの実力やきっかけは?

吉野七宝実

干物アイドルとして有名になってきている吉野七宝実さん。

釣りが趣味で、自分でマグロを釣ってしまうほどです!

しかも、自分で釣った魚を水着にしてグラビア撮影をしてしまうという、唯一無二の方です。

吉野七宝実さんとは、一体どんな方なのでしょう?

今回は、吉野七宝実さんの

  • 経歴
  • 釣りを始めたきっかけ
  • 釣りの実力

をお届けします!

吉野七宝実は【干物グラビア】アイドル

吉野七宝実

プロフィール
  • 名前:吉野七宝実(よしの しほみ)
  • 生年月日:1991年3月5日
  • 年齢:29歳
  • 出身:千葉県茂原市
  • 趣味:ボルタリング、釣り
  • 所属:フリー

吉野七宝実さんは、千葉県茂原市出身の29歳です。

自分で釣った魚を干物にして、グラビア撮影をする「干物グラビア」をすることで有名です。

干物

▲自分で釣ってきた魚を干物にする吉野七宝実さん。

ちなみにお風呂場です・・・

干物と吉野七宝実

干物と一緒に映る、吉野七宝実さん!

顔より下はお見せできませんが、吉野七宝実さんの大切なところは、干物が隠しております!

干物とグラビアって新鮮ですよね。

吉野七宝実さんは、いつから干物でグラビアを撮るようになったのでしょう?

吉野七宝実の経歴は

吉野七宝実さんが干物でグラビアをするようになるまでに、いろいろなことを経験してきました。

吉野七宝実さんは、短大在学中からモデルの仕事を始めます。

2015年 スピーチーズ時代

吉野七宝実さんは、競輪専門チャンネル「SPEEDチャンネル」のアイドルユニット「スピーチーズ」で活躍するも、演技の勉強をするとの理由で、2015年3月に引退します。

吉野七宝実

▲スピーチーズの頃の吉野七宝実さん

2016年 おむすびカフェ・ヲタ芸時代

2016年2月から秋葉原のガールズおむすびカフェ「ガルむす」で働き始めます。

ガルむすは、店員さんがおにぎりを握ってくれて、お話もできちゃうカフェです。

ガルむすの吉野七宝実

▲吉野七宝実さんの生写真

そして吉野七宝実さんは2016年8月、ヲタ芸ユニット「WKAS」を結成します。

吉野七宝実がヲタ芸ユニット結成

吉野七宝実さん、「何でもやる」精神で頑張ってますね!

実際に吉野七宝実さんも、自分のことを「何でも屋」とツイートしています。

グラビアやりつつ、オタ芸を踊るユニットWKASをやりつつ、おにぎり握ったりしてる何でも屋さんです笑 変なやつなんですけど、一生懸命生きてるのでよろしくお願いします♡

引用:2016年9月3日 吉野七宝実Twitter

ヲタ芸の「WKAS」は中国の上海で動画配信もしていたそうですよ。

2017~2019年 西口プロレスランドガール・鈴鹿レースクィーン

2017年、吉野七宝実さんは西口プロレスランドガールの「西口向上委員会」のメンバーとして活動を始めます。

そして、AbemaTV「ピーチゃんねる」、「妄想マンデー」の広報大使「ミス妄ピー」の準ミス妄ピーに選出されるなど、活躍の場を広げます。

吉野七宝実さんのレースクィーン

2019年7月25~28日に開催された「鈴鹿8時間耐久ロードレース」では、レースクィーンを務めました。

そして、2019年3月31日に所属事務所の「スターレイプロダクション」の契約を解約。

今はフリーで活動しています。

吉野七宝実が釣りを始めたきっかけは

吉野七宝実が釣りをしているところ

吉野七宝実さんが釣りを始めたきっかけは、「事務所をやめるタイミングで時間ができたので、何か始めよう」と思ったのが始まりでした。

そして、趣味として釣りを始めたそうです。

仕事で知り合った人が釣りに詳しい人で、1回釣りに釣れていってもらったら、すごく楽しかったそうです。

自分で釣ったカツオの味が忘れられなくて、「もう一回釣りに行きたい!」と何度も行くようになったそうですよ。

吉野七宝実さんがフリーになったのは2019年3月31日ですので、吉野七宝実さんが釣りを始めたのは2019年の4月頃からになりますね。

吉野七宝実が釣りの実力は?

吉野七宝実さんは、釣りが趣味とのことですが、釣りの実力はどれぐらいなのでしょう?

なんと吉野七宝実さんは、マグロを釣ってニュースになるほどの実力者でした。

吉野七宝実がマグロを釣っているところ

グラビアアイドルの吉野七宝実が1日、相模湾の小田原沖で超ビッグな58・9キロのキハダマグロを見事に釣り上げた。

引用:スポーツ報知

さらに吉野七宝実さんは、釣った魚を自分でさばき、料理までしてしまいます。

吉野七宝実さん、マグロを釣れるなんてすごいですね!

しかも釣った魚を自分でさばけるなんて。

吉野七宝実さんの釣りの実力は、相当なものでした。