雪国アボカドはどこで買える?値段は?栽培のせきね農園は元ヴィジュアル系?

アボカド

マツコの知らない世界で話題になった「雪国アボカド」。

雪国まいたけ」ではなく、「雪国アボカド」です。

アボカドって暖かいところで収穫できるイメージなのですが、雪国でできるアボカドとは・・・!

雪国アボカドの購入方法、値段、栽培している「せきね農園」について調査しました!

雪国アボカドとは?

雪国アボカドとは、「新潟で育った国産アボカド」のことです。

アボカド

アボカドって海外のイメージが強いですよね?

しかも、メキシコなどの熱帯の地域が産地が多いですよね。

雪国アボカドは、新潟でビニールハウスで生育されています

ビニールハウスは、風や雨からアボカドを守ってくれて、アボカドの栽培に適しているのだとか。

ただ、さすがに常温では冬を越せないので、暖房器具は必須です。

そして、この新潟の気温差が、他にはない美味しいアボカドを育ててくれています。

雪国アボカドはどこで買える?値段は?

雪国アボカドは、生産者の「せきね農園」さんのホームページから購入できます。

(※2020年11月17日現在、抽選販売となっています。)

雪国アボカド

店舗では、伊勢丹新宿店のみです。

また、料理として食べられるところもあります。

宇宙色の鼻」という新潟県のレストランです。

コース料理として提供してくださるそうです。

雪国アボカドの値段は?

雪国アボカドの値段は、

  • 大きいものが3~4玉で6750円。
  • 小さいものが3玉で4860円。

どちらも送料込みです。

少々お高い気がしますが、「せきね農園」では、一つ一つにばらつきがないよう収獲時期を見極めているそうです。

アボカドの木は、花の開花時期が長いので、1つの木で着果から収穫まで1か月もズレてしまうことも。

大抵は、一気に収獲してしまうそうなのですが、せきね農園は手間暇かけて食べごろのものだけを選別。

とても手間がかかる作業ですね。

マツコさんが「全然違う」と言っていた驚きの味。

マツコがアボカドの味を絶賛

一度食べてみたいですね。

せきね農園は元ヴィジュアル系バンドマン

雪国アボカドを栽培しているのが「せきね農園」さん。

実は、ヴィジュアル系バンド「oz」のヴォーカルをやっていたそうです。

ヴィジュアル系バンド

驚きですね!

全然別人のようです~!

アボカド農家

しかも、メインボーカルとして活躍されていたそうです!

ボーカル時は「Natuki」さんとして活動。

本名は「関根邦仁」さんです。

「oz」の解散理由は明かされていませんが、関根邦仁さんはもしかしたら、農家を継ぐと約束していたのかもしれませんね。

「せきね農園」は関根邦仁さんで9代目です。

9代も続く立派な農家の跡取り息子とあれば、家業を継ぐことは必然でしょう。

しかし関根邦仁さんの、華麗なる転職、お見事です!

これからも美味しいアボカドを作り続けてくださいね。